YouTubeチャンネルはこちら!▶︎▶︎▶︎
【随時更新】コロナ禍の留学先の渡航情報や日本でできることを解説

【随時更新】コロナ禍の留学先の渡航情報や日本でできることを解説

Clinton

皆さんこんにちは!Z大学のClintonです!

Z大学では、「就活・留学・学生ビジネスなど」主に大学では学べないことを発信しています!

  • コロナ禍で留学できる国は?
  • コロナ禍で留学中止となった大学生の相談先はあるの?
  • コロナ禍で留学中止になった大学生がいまできることを知りたい!

新型コロナウイルスの影響で留学中止になった方々はなるべく早く渡航したい」「何か行動を起こしたいけど、どうすればいいかわからないと悩まれると思います。

Clinton

私自身も、2020年4月からカナダへ留学予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で延期となりました。

現在は将来のビジョンを実現するためにZ大学でWebライターとしての経験を積みながら、自分自身でWebメディアを立ち上げ中です!

今回はそんな私の経験談を踏まえてコロナ禍の留学について解説していきます!

本記事では、、、

  • コロナ禍の留学先の渡航情報
  • コロナ禍で留学中止となった大学生の相談先
  • コロナ禍で留学中止になった大学生がいまできること5選

これらについて経験談を踏まえて解説するので、コロナ禍の留学について悩まれている方はぜひご覧ください!

この記事を監修した人

Clinton

現役の大学生で、小学校で1年間のTA経験あり。

コロナ禍で留学が延期となった。

現在はZ大学の記事執筆や道内就活に特化したWebメディアを立ち上げ中。

【10/29更新】コロナ禍の留学先の渡航情報

新型コロナウイルスの影響によって各国が入国制限・禁止を発表し、留学が延期や中止となってしまった方もいるのではないでしょうか。

現在も多くの国が入国制限・禁止をしていますが、イギリスやマルタ、スペインなどの一部の国では渡航制限を解除しています。

そこで以下ではできるだけ早く留学したい」「今後の計画を立てるために現状を知りたいと考えている方に向けて、コロナ禍の留学先の渡航情報について解説します。

また、本記事では留学先として人気の高い以下の13ヵ国をご紹介します!

  • アメリカ
  • アイルランド
  • イギリス
  • イタリア
  • オーストラリア
  • カナダ
  • シンガポール
  • スペイン
  • ドイツ
  • ニュージーランド
  • フィリピン
  • フランス
  • マルタ

※正確な情報発信を心がけておりますが、本記事の記載情報に誤りがある可能性があります。

とくに、昨今のコロナウイルス等の理由により、各国の渡航情報等に変更がある可能性があるため、必ずご自身で「各国からの一次情報」をご確認ください。

また、本記事の記載情報は、全ての情報を網羅している訳ではないことをご了承ください。

※本記事の情報は外務省海外安全ホームページをもとに記載しています。

日本から渡航可能な国

日本から渡航可能な国は以下のとおりです。

状況
イギリス隔離不要で入国できます。
スペイン隔離不要で入国できます。
フランス隔離不要で入国できます。
マルタ隔離不要で入国できます。
Clinton

ヨーロッパの国が多いですね。

渡航は可能ですが、新型コロナウイルスの感染状況等も考慮した方が良いでしょう!

各国・地域の感染状況はこちら

日本からの入国制限が実施されている国

日本からの入国制限が実施されている国は以下のとおりです。

状況
アメリカ日本人に対する入国制限措置及び入国後の行動制限をとっています。ほとんどの州で14日間の自己隔離が義務付けられています。
詳細はこちら
アイルランド全ての入国者に対して、14日間の行動制限が課されています。
詳細はこちら
イタリア14日間の自己隔離及び健康観察が義務付けられています。
詳細はこちら
カナダ要件を満たした人は入国できますが、14日間の自己隔離が義務付けられています。
詳細はこちら
Clinton

14日間の自己隔離や要件を満たせば渡航可能ですが、旅行などの短期滞在は厳しいですね。

長期滞在をする場合は、事前に感染状況等を把握しておくことをおすすめします。

各国・地域の感染状況はこちら

日本からの入国禁止が実施されている国

日本からの入国禁止が実施されている国は以下のとおりです。

状況
オーストラリア日本人に対する入国禁止措置をとっています。
詳細はこちら
シンガポール短期滞在者の入国とトランジットを禁止しています。
詳細はこちら
ドイツ日本からの渡航者及び日本人の入国は原則不可となっています。
詳細はこちら
ニュージーランド原則外国人の入国を禁止しています。
詳細はこちら
フィリピン日本人の入国は原則不可となっています。
詳細はこちら
Clinton

留学生に人気の英語圏が多いですね。

現在、日本政府がビジネス目的の渡航者受け入れを検討しているなど、渡航制限緩和に向けて動いているみたいなので世界の動きをチェックしておきましょう!

コロナ禍で留学中止となった大学生の相談先

新型コロナウイルスの影響で留学が延期・中止となってしまった大学生のなかには今後の進路が決まらない」「来年の留学に向けて相談したいと悩まれている方もいると思います。

Clinton

私も残りの大学生活をどのように過ごすか悩んでいました。

そこで以下では、コロナ禍で留学が中止・延期となった大学生の相談先をご紹介します!

<コロナ禍で留学中止となった大学生の相談先>

  • 大学の学生生活支援課
  • 留学エージェント

これらについて詳しく解説します!

大学の学生生活支援課

大学の学生生活支援課は、コロナ禍で留学中止となった大学生の相談先としておすすめです。

<大学の学生生活支援課の特徴>

  • どんな相談にも対応してもらえる
  • 大学生なら無料で利用できる

所属している大学の学生生活支援課や相談窓口へ行けば、素朴な疑問から深刻な悩み・相談に対して親身に対応してもらえます。

また、相談場所は目立たないところにある場合が多いため、他の学生に相談している姿を見られたくないという方でも安心して利用することができます。

そして何より、所属している大学の学生であれば無料で利用できるためおすすめです。

Clinton

私も留学延期が決まった時は大学に連絡し、今後の学生生活について相談に乗ってもらいました!

留学エージェント

コロナ禍で留学中止となった大学生は留学エージェントに相談してみることをおすすめします。

<留学エージェントの特徴>

  • 留学のエキスパートのため詳細な相談ができる
  • 留学エージェントは有料・無料の2種類がある

留学エージェントは長期留学やワーキングホリデーの経験がある方が多いため、留学に関して詳細な不安・悩みを解消できます。

また、現地のリアルな海外生活や文化について聞くことができるため、次の留学へのモチベーションを高めることができるでしょう。

豊富な留学経験・知識で手厚いサポートが受けられる留学エージェントですが、有料のエージェントもあるので、事前に調べておきましょう。

Clinton

私は元々留学エージェントを利用していたため、渡航制限の発表後すぐにサポートしていただきました!

【経験談】コロナ禍で留学中止になった大学生がいまできること5選

新型コロナウイルスの影響で留学中止になった大学生のなかには家にいながら語学力を伸ばしたい」「語学以外に何かスキルを身につけたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

結論、日本にいながらできることはたくさんあります。

Clinton

コロナ禍のいまだからこそできることを見つけ、この期間を有意義に過ごしましょう!

コロナ禍で留学中止となった大学生がいまできることは以下のとおりです。

<【経験談】コロナ禍で留学中止になった大学生がいまできること5選>

  1. オンライン留学
  2. オンライン英会話
  3. オンライン国際交流
  4. オンライン海外インターンシップ
  5. 語学以外の知識・スキルを身につける

これらについて詳しく解説します!

1.オンライン留学

コロナ禍で留学中止になった大学生には、オンライン留学がおすすめです。

オンライン留学では、海外の学校で行われる授業を自宅で受講できます。

また、必要なのはインターネット環境と受講料のみで、費用を抑えて学ぶことができます。

日本にいながら海外の本格的な授業を受けたい」「世界各国の学生と一緒に学びたいと考えている学生にはおすすめだと言えるでしょう。

Clinton

時差を考慮し、さまざまな時間帯で受講できる学校もあるそうです!

<オンライン留学の特徴>

  • 海外の授業を自宅で受講できる
  • 留学費用を抑えることができる

こちらの記事ではオンライン留学のメリット・デメリットを徹底解説しています!

▶︎オンライン/バーチャル留学ができる学校5選【メリット・デメリットも解説】

2.オンライン英会話

オンライン英会話はコロナ禍で留学中止になった大学生におすすめです。

実際に話せる語学力を身につけるためには学んだ単語や文法などをアウトプットすることが大切ですが、日本にいながら話す機会を確保するのは難しいですよね。

しかし、オンライン英会話ではインターネット環境があれば好きな時間に英語のアウトプットの機会を確保できます

また、先ほどのオンライン留学よりも低価格で利用することができるため、気軽に始めることができるためおすすめです。

Clinton

私はNativeCampを利用していました!

・1レッスン25分から利用できる

・レッスン回数が無制限

上記の理由からおすすめできます!

<オンライン英会話の特徴>

  • 隙間時間にも利用できるため利便性が高い
  • 低価格で気軽に始めることができる

おすすめのオンライン英会話はこちら

こちらの動画ではオンライン英会話の様子をご紹介しています!

▶︎【実録】オンライン英会話NativeCampを普通の大学生がやってみた

3.オンライン国際交流

コロナ禍で留学中止になった大学生には、オンライン国際交流がおすすめです。

オンライン国際交流では、海外に住む外国人とコミュニケーションをとり、現地のリアルな情報や異文化の理解を深めることができます。

海外に行くのが不安」「留学前に現地のことを知りたいと考えている方におすすめです。

Clinton

私が所属する大学でもオンライン国際交流が開催されるので、参加する予定です!

<オンライン国際交流の特徴>

  • 現地のリアルな情報を知ることができる
  • 異文化理解を深めることができる

4.オンライン海外インターンシップ

語学力向上だけでなく、何か挑戦したい方にはオンライン海外インターンシップがおすすめです。

オンライン海外インターンシップでは、日本にいながらリモートで世界中のビジネスに関わることができます。

リモートワークの流れが加速しているため、リモートで課題解決に取り組み、成果を出す経験は貴重な経験となるでしょう。

ちなみに、オンライン海外インターンシップは以下のようなものがあります。

  • コンサルティング
  • デジタルマーケティング
  • メディアの立ち上げ
Clinton

リモートやオンラインと相性が良さそうな事業が多いですね!

<オンライン海外インターンシップの特徴>

  • 日本にいながら世界中のプロジェクトに関わることができる
  • リモートの環境下で成果を出す力を身につけることができる

こちらの記事では海外インターンシップについて網羅的に解説しています!

▶︎【大学生の特権】海外インターンシップとは・メリット・参加方法まとめ【2020年版】

5.語学以外の知識・スキルを身につける

語学以外の知識・スキルを身につけることは、コロナ禍で留学中止になった大学生におすすめです。

ビジネスをするためには、語学力だけでなく実務で使えるスキルを身につけることが大切です。

また、海外で就職する場合は専門的なスキルが必要となる場合が多く、複数のスキルを持つことは将来的に役立つでしょう。

語学以外の知識・スキルとしておすすめなのは以下のとおりです。

  • Webライティング
  • プログラミング
  • デザイン関連
  • 動画編集
Clinton

私はZ大学でWebライティングの勉強をさせていただきながら、記事の執筆や自分自身でWebメディアを立ち上げています!

こちらの記事では、語学以外のスキルを身につけるための具体的方法を解説しています!

▶︎ 【実体験】大学生におすすめの副業9選!【バイト脱出計画】

まとめ

いかがでしたでしょうか!

本記事ではコロナ禍の留学について解説しました。

コロナ禍でもできることはたくさんあるため、ぜひ積極的に行動してみてください!

<まとめ>

  • 各国の情報収集に努める
  • 些細な悩みでも相談できる場所はある
  • 日本にいながらできることはたくさんある

▼合わせて読みたい!

【学年別】大学生がやるべきこと18選!後悔のない・社会で活躍できる人材になる行動

オンライン/バーチャル留学ができる学校5選【メリット・デメリットも解説】

【3度の留学経験者が語る】大学生のうちに留学するメリット5選

Clinton

最後までご覧頂きありがとうございました!

YouTubeではさらに分かりやすい解説動画、Twitterでは更新情報を届けているので、チェックお願いします!

留学カテゴリの最新記事