YouTubeチャンネルはこちら!▶︎▶︎▶︎
【簡単】就活での写真サイズまとめ!サイズが合わない場合の対処も紹介

【簡単】就活での写真サイズまとめ!サイズが合わない場合の対処も紹介

シノケン

皆さんこんにちは!Z大学のシノケンです!

Z大学では、「就活・留学・学生ビジネスなど」主に大学では学べないことを発信しています!

  • WEBや手書きなど、エントリーシートの形式が多すぎてそれぞれ合う写真サイズが分からない
  • 就活の履歴書の写真サイズで悪印象を与えたらどうしよう…
  • いちいち撮り直していたら、お金も時間もかかる

就職活動だと証明写真を使いますよね。

しかし、サイズが合っていないと提出ができないですし、提出自体はできても画像がぼやけるなどしていい加減な印象を与えてしまう恐れもあります。

それが気になって提出を足踏みしてしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、各種エントリーシートの写真サイズや、サイズが合わなかった場合の対処法について簡単に解説したいと思います。

シノケン

僕自身、エントリーシートは 100回以上提出して、エージェントから就活写真サイズの添削を受けた経験が5回以上あるので、そちらの経験からお話しします!

  • 【種類別】就活で使う証明写真のサイズ
  • 【機会別】折角撮影した就活の証明写真のサイズが合わないときの対処方法
  • 就活で使う証明写真を撮るおすすめ方法3選

「写真サイズなんて考えもしなかった…」こんな人は特にご注意を!せっかく写真を撮ったのに使用できないとなったらすごく勿体ないですよね。これから本格化する就職活動に備えたい人は、是非最後までご覧ください!

この記事を監修した人

シノケン

立教大学3年

インターン50社以上経験、エントリーシート100社以上提出

大手通信会社、人材、ITメガベンチャーのインターン経験


ITコンサル1社内定

【種類別】就活で使う証明写真のサイズ

証明写真の適切なサイズ

就活で使う証明写真のサイズは、応募する会社によって異なります。なので、「いちいち確認するのが面倒くさい!」と思われる方も多いでしょう。

エントリーシートや履歴書の証明写真は、我々の第一印象を左右するものです。この記事で各種エントリーシートの写真サイズを理解し、不安を一気に解消してしまいましょう!

今回は就活で使う写真サイズに関して、3つに分類しました。

<就活で使う証明写真のサイズ>

  • WEBエントリーシート用写真のサイズ
  • 紙のES(エントリーシート)用の証明写真のサイズ
  • 就活履歴書用の証明写真のサイズ

 これらについて順番に解説していきます!

WEBエントリーシート用写真のサイズ

WEBエントリーでは、証明写真をデータ化して貼り付ける必要があります。ここではWEBにおける写真のサイズや添付方法をご紹介します。

WEBの場合、「cm」ではなく「px(ピクセル)」でサイズを指定されます。

そして、一般的には、以下の2つで指定される場合が多いです。

  • 560×420px
  • 600×450px

また、どちらも縦横比率は4:3が多いです。

シノケン

新型コロナウイルス流行に際して、今やWEBエントリーを実施する企業が大半を占めます。ここでしっかりと押さえていきましょう!

一方で、アップロードする際、データ容量には注意が必要です。画像の容量が大きすぎるとアップロードできない恐れがあります。一般的には2MBまでと定められている事が多いので注意をしてください。

WEBエントリーは手軽に応募できる反面、企業によって規定はまちまちです。上記の注意点を押さえて、適確にデータを準備していきましょう!

紙のエントリーシート用の証明写真のサイズ

続いて、紙のエントリーシート用の証明写真のサイズについて解説していきます。

WEBエントリーが増えてきているとはいえ、まだまだ紙のESや履歴書を提出する機会もありますし、紙のESをPDF化してWEB提出する場合もあります。

やはり証明写真のサイズを事前に把握しておくことが大切です。

そして、一般的には紙のエントリーシートは「縦4cm × 横3cm」で規定されていることが殆どです。

シノケン

必ず枠ピッタリの写真を用意するようにしましょう。企業の方は同時に多くの応募書類に目を通すので、サイズが少しでも違えばその時点で目立ってしまいます。

加えて「縦4cm × 横3cm」の場合が殆どではありますが、やはり撮影前にしっかりと確認することは大切です。特に、ESが企業独自のものである場合は注意が必要です。

また、就活写真を貼る前に必ず裏側に名前を書いておきましょう。

就活では、多くのESが一気に処理されることになるので、写真が剥がれた場合、名前がないと誰の写真かが分からなくなってしまいます。

例外もあるとはいえ、基本的には「縦4cm × 横3cm」が基本です。紙のエントリーシートの証明写真サイズは、縦4cm × 横3cmと覚えてしまいましょう!

就活履歴書用の証明写真のサイズ

紙のエントリーシートと関連して、履歴書用の証明写真のサイズも解説します!

市販の履歴書の証明写真の枠も、基本的に「縦4.0cm × 横3.0cm」です。

シノケン

ESも履歴書も、紙媒体は基本的に縦4横3の認識で問題ありません!

紙のエントリーシートにもいえることですが、写真は定規とカッターで丁寧に切ることをお勧めします。

場合にもよりますが、、意外と細かいところまで企業はを見ていたりします。

何かと記入する履歴書のサイズも「縦4.0cm × 横3.0cm」と覚えておきましょう!

【機会別】折角撮影した就活の証明写真のサイズが合わないときの対処方法

証明写真のサイズが違う時の対処法

就活をしていると、企業によっては特殊な証明写真のサイズを求められることがあります。

写真のサイズが大事ということが分かっていても、うっかり間違えてしまうこともあるでしょう。

規定に合った写真がないと分かると、うんざりしてしまいますよね。しかし焦らずに以下の対処法を実践してみてください!

今回は、写真サイズが合わなかった時の対処法として、以下の2つに分けて説明します。

<就活の証明写真のサイズが合わないときの対処方法>

  • WEBで提出する場合
  • 紙で提出する場合

では、順に解説していきます。

Web上で提出するエントリーシートの写真データの場合

Web上で提出するエントリーシートの写真データをご紹介します!

具体的には、以下の2つの施策を打ちましょう!

①写真館でデータのトリミングを依頼する

写真館で撮った証明写真の撮影データがあれば、データのトリミングはもちろん、適したサイズへの焼き増しもお願いできる場合があります。

ただしどの写真館でも対応してくれるとは言えないため、まずは編集可能かどうかを問い合わせてみてください。

②アプリやフリーソフトを利用して、自分でデータを加工する

今は写真を加工できるアプリやフリーソフトも多く、撮った写真のサイズを自分で簡単に変更することができます。

紹介した方法は2つともWEBを利用しており、WEBの場合は写真のデータが残っていれば、いちいち撮り直さなくても費用を押さえて手軽に対応することができます。

シノケン

私はお金が無かったので、より安価で済む②の方法を採択しました。証明写真機で撮影した写真をアプリを通してスマホに移し、データを加工しました。

いずれにしても、Webのエントリーシートの場合は、WEBを利用して撮影したでデータを加工して対処しましょう!

紙エントリーシートで提出する場合

紙エントリーシートで提出する証明写真サイズが合わなかった場合は、写真館で撮り直すか、焼き回ししてもらいましょう!

写真のサイズを小さくしたい場合は、単純に写真を切ることでも対応可能です。

しかしその場合、余白のバランスが悪くなってしまう可能性があります。

そのようなリスクを考慮しても、やはり取り直すか、焼き回しをしてもらうのが最適と言えます。

シノケン

サイズ変更のついでに、出来の良い写真にしたいと思う場合は取り直し、写真はそのままでサイズだけを変更したい場合は焼き回しを選びましょう。

撮影してもらったデータをスマホに保存しておけば、コンビニのコピー機でも写真が印刷できます。私もよく利用するのですが、30円程度で焼き増しが可能なので、急ぎで写真が必要になった時には便利です!

紙のエントリーシートで提出する場合は、サイズの融通が効いて焼き増しもしやすい写真館の利用がおすすめです。

紙エントリーシートの写真サイズが合わなかったら、取り直すか焼き回しをしましょう!

証明写真のサイズが違う場合のデメリット

証明写真のサイズ

ここまで一般的なエントリーシートの写真サイズと、サイズが違った場合の対処法を解説してきました。「長い!覚えるの面倒くさい!」そう感じられる方も多いと思います。

しかしエントリーシートの写真は、我々就活生の第一印象を決める超重要な要素です!

ここで改めて、証明写真のサイズが違う場合のデメリットをご紹介致します。

デメリットは大きく分けて2つあります。

<証明写真のサイズが違う場合の2つのデメリット>

  • 他の就活生よりも悪目立ちする
  • ルールが守れない学生という烙印を押される

では順に詳しく解説していきます!

デメリット1:他の就活生よりも悪目立ちする

第一に、他の就活生よりも悪目立ちすることがデメリットとして挙げられます。

一般的に、書類選考・GD・集団面接といった選考における初期のフローは「ネガティブチェック」と呼ばれています。

応募者の数があまりにも多いため、初期段階では企業の方は「受かる理由」よりも「落とす理由」を重点的に探すのです。

そして、写真サイズで他の就活生よりも悪目立ちすることは、「落とす理由」として十分すぎる要素になり得ます。

シノケン

僕もまずマイナスな印象を抱かせないように注意をしていました!

自分の想い、熱量を企業の方にお伝えする前に、証明写真のサイズが理由で落とされてしまうのは非常に勿体ないですよね。まずは確実に土俵に立つためにも、就活の証明サイズを間違えないように気を引き締めていきましょう!

デメリット2:ルールが守れない学生という烙印を押される

ルールが守れない学生という烙印を押されることもデメリットです。

書類選考を通過したとしても、指定のサイズと合わない証明写真を提出・アップロードしてしまうと、面接官に「仕事も雑なのだろうか」「ルールを無視する人間なのでは」と注意されている恐れがあります。

シノケン

人事の方では無いですが、就活エージェントの方とお話しした際に、「履歴書の写真がぼやけてたから大雑把な子なのかなと思ってた」と言われた経験があります。肝が冷える思いでした。

企業の方は細部まで入念に我々をチェックしています。しっかりとサイズを理解した上で写真を用意してください!

就活で使う証明写真を撮るおすすめ方法3選

証明写真を撮る方法

これまでの説明の中で、「そもそもどうやって写真を用意すればいいの?」と疑問に思われた方も多いのではないでしょうか。

そこで証明写真を撮影する方法をケース別に提示致しますので、ルールを把握しておくことで自身の状況に合わせた手段を取れるようになります!

就活で使う証明写真を撮る方法は3つあります。

<就活で使う証明写真を撮る3つの方法>

  • 不安であれば、プロの写真館に任せる。
  • 手早く済ませたいのであれば、証明写真アプリを利用する。
  • 証明写真機で撮影する。

それぞれ掛かる費用も時間も異なるので、ここで整理しておきましょう!

1.不安であれば、プロの写真館に任せる。

お金と時間に余裕があり、納得いく写真を用意したい人は写真館で撮影してもらいましょう。

写真を撮るプロに任せる理由は、やはり高いクオリティが担保されているためです。

おすすめな理由を具体的に以下に列挙します。

<プロの写真館に任せるメリット>

  • 撮影技術が高く機材設備が充実している
  • 髪型、服装、表情についてアドバイスをもらえる
  • 「ネクタイがずれている」「姿勢が傾いている」「前髪が目にかかっている」等、自分では気付き難いミスが防げる
シノケン

目安として、価格は1500円~6000円、所要時間は15分~60分程度になります。

また写真館では、より自然な表情で撮影できるようにトークで雰囲気を和らげるなど工夫してくれます。

印刷前に加工・補正サービスを行っているお店もあるので店に行く前に調べてみてください。

質を重視する方は写真館で撮影するのが間違いないです。この時期は撮影希望者が多くて予約が取れないこともあるので、早めに予約を押さえておきましょう!

2.手早く済ませたいのであれば、証明写真アプリを利用する。

できればお金も時間も掛けたくない方、コロナ禍で外出はできるだけ避けたい方は、証明写真アプリを利用するのも一つの手です。

おすすめな理由は以下の通りです。

<証明写真アプリを利用するメリット>

  • 無限に撮り直しができる
  • 所要時間が短い
  • 無料で写真撮影ができる
シノケン

自撮りでの撮影は姿勢がずれてしまうので避けましょう。誰かにスマホを渡して撮影してもらうことをおすすめします。

近づいて撮影すると顔が歪んで写ってしまう恐れがあるため、シャッターを押す人に離れた場所から撮ってもらい、後からトリミングするようにしましょう。

一度撮影してしまえば、スマホアプリやパソコンソフトでデータの加工をすることも可能です。

お金を掛けたくない方、急ぎで写真を用意しなければならない方はアプリの利用も検討してみてください!

3.証明写真機で撮影し、書類を先輩や就活エージェントに見てもらう

「お金も時間も掛けたくない、でもスマホで撮影するのは不安」という方は、各地に点在する証明写真機を活用しましょう!

メリットは、早く手軽に履歴書写真を撮影できると同時に、一定の質も保証されている点です。

<証明写真機を活用するメリット>

  • 駅やコンビニなど、身近なところで写真撮影ができる
  • 最近では、美肌補正機能が搭載されているモデルもある
  • 予約や順番待ちが殆どない
シノケン

目安としては、価格が800円~1000円、時間が10分程度となります。

私自身この方法を最も利用しますが、手早く最低限恥ずかしくない写真が取れますよ!

また、証明写真アプリを利用した場合にも言えることですが、撮影した写真を用いた履歴書やエントリーシートをOBOG訪問のお相手や就活エージェントに添削してもらい、写真も見てもらうようにしましょう。

事前に社会人の方にお墨付きを貰っておけば、安心して本選考に臨めます!

お金を掛けずとも書類選考に通る写真を証明写真機で十分に撮影可能です!是非試してみてください!

就活の証明写真サイズを気にするより自己分析や企業分析に力を入れるべき

就職活動の準備

「些細なことで企業の方に悪い印象を与えたらどうしよう」その懸念が中々消えない方も多いと思います。

特に就活を開始したばかりの頃は、手探りの状況が続きますよね。

しかし、この記事を読み就活の証明写真サイズを理解することができた学生は、自己分析や企業分析に力を注いでいきましょう!

あくまでもエントリーシートは、その後の面接の事前資料に過ぎません。

写真に関して気を付けるべきポイントをチェックしたならば、後は中身の勝負になります。

人事の方が最も注目していることは、自己分析・企業分析を十分に行い、一貫した人間性を示せるかどうかです。

シノケン

先輩方は口をそろえて、就活において最も後悔していることは自己分析・企業分析不足だと言います。

「自分は〇〇な人間で、△△な背景から◇◇を成し遂げたいと思っている。御社は◆◆の特徴があり、私は●●の形で活躍することで◇◇を果たせる。それにあたり××の経験で得た□□の能力を活かせる。」

多くの人は、この文のどれかが欠けてしまっているそうです。参考にしてみてください。(私も頑張ります)

第一印象も大事ですが、選考を進むにつれ、その人のより深い部分が問われます。

その時に合否を分けるのは、自己分析・企業分析の質になります。しっかりと時間を割いて取り組んでいきましょう!

まとめ:就活の証明写真サイズはすぐに対策できるので即行動をしよう!

ここまでで、各種エントリーシートの写真サイズや、サイズが合わなかった場合の対処法、就活で使う証明写真を撮る方法を紹介してきました。

本記事を通して、就活の写真について自身の状況と照らし合わせて最適な選択肢を取ることができるようになったはずです!

この記事を読んでいる今も、他の学生は就職活動に取り組んでいます。ささっと写真の対策を終わらせ、自己分析など選考で重要なポイント向けて力を入れていきましょう!

<まとめ>

  • 写真サイズ:WEBは560×420px/600×450px。紙は縦4cm×横3cm
  • 不安な人はプロに依頼すべき
  • 写真の対策はすぐに終わらせ、自己分析や企業分析に力を入れるべき

▼合わせて読みたい!

▶︎【たったこれだけ!?】就活用証明写真の印象アップ方法・おすすめの写真館を紹介!【地域別】

シノケン

最後までご覧頂きありがとうございました!

YouTubeではさらに分かりやすい解説動画、Twitterでは更新情報を届けているので、チェックお願いします!

就職活動カテゴリの最新記事