YouTubeチャンネルはこちら!▶︎▶︎▶︎
PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー
【もう悩まない!】インターン面接にふさわしい服装を徹底解説!

【もう悩まない!】インターン面接にふさわしい服装を徹底解説!

  • インターン面接にはどんな服装で行くべき?
  • インターン面接でダメな服装って?
  • インターン面接の服装に指定ない場合はどうしたらいい?
サリナ

皆さんこんにちは!Z大学のサリナです!

Z大学では、「就活・留学・学生ビジネスなど」主に大学では学べないことを発信しています!

インターン面接の服装について「どんな服装が適しているのかな」と悩むことありますよね。

また、インターン面接に着ていくべきではない服装も気になると思います。

そこで、本記事ではインターン面接の服装について、男性・女性に分けて解説していきます。

サリナ

インターン面接や就活面接を受けた私の経験もお伝えしたいと思います!

主に以下の項目でインターン面接の服装について解説します。

  • インターン面接はどんな服装で行くべき?
  • インターン面接でマイナスな印象を与えてしまう服装
  • インターン面接で適しているオフィスカジュアルな服装

インターン面接の服装で悩んでいる方は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事を監修した人

サリナ

愛知の大学4年生で法学部に所属

ウガンダでインターン経験ありインターンの面接受けた経験あり就活面接受けた経験あり

インターン面接はどんな服装で行くべき?

まず、インターン面接の服装について「どんな服装が望ましいんだろう」と気になる人が多いでしょう。

インターン面接の服装は、企業がどんな服装で参加することを求めているのかを理解できると迷うことなく、決めることができます。

そのため、インターン面接にどんな服装で行くべきかを以下の場合に分けて解説します。

  • スーツ指定の場合
  • 私服指定の場合
  • 指定がない場合

上記3つの場合に適している服装を理解して、望ましい服装でインターン面接に行きましょう。

それでは、スーツ指定の場合から解説していきます。

スーツ指定の場合

まず、インターン面接について企業から服装はスーツで着てくださいという指定がある場合です。

この場合は、迷うことなくリクルートスーツを着てインターン面接を受けましょう。

リクルートスーツを用意できない場合には、無地で黒色もしくは紺色のスーツであれば、問題ありません。

スーツ指定の場合で他に気を付けるポイントをまとめると以下の通りです。

  • ワイシャツは基本白色
  • 派手な色のネクタイは控える
  • 男性はひざ下まである靴下を履く
  • 女性はストッキングを履く
  • ベルトは黒色かブラウン
サリナ

スーツ指定の場合、私は黒色のシンプルなスーツを着ています!デザインなどで迷った時はシンプルなものを選ぶといいと思います!

インターン面接の服装について、企業からスーツ指定がある場合は、黒色または紺色のスーツを着ることをおすすめします。

私服指定の場合

次に、企業からインターン面接には私服で着てくださいという指示があった場合です。

この場合は、スーツではなく私服でインターン面接に行きましょう。

ただ、私服と言ってもどんな私服を着ていってもいいというわけではありません。

基本的に、私服指定の場合はオフィスカジュアルな服装を着てください。

私服指定の場合に気を付けるポイントをまとめると以下の通りです。

  • 男女ともにジャケットを着用する
  • TシャツやジーパンはNG
  • 男性は襟付きシャツにチノパンが無難
  • 女性はシャツ・ブラウスにスカートかチノパンが無難
  • ハイブランドの服は避ける
サリナ

私服指定の場合、私はシャツにジャケットを羽織って、スラックスパンツを履いています。

インターン面接の服装について、企業から私服指定がある場合は、オフィスカジュアルな服装で行くことをおすすめします。

オフィスカジュアルな服装については3つ目の見出しで詳しく解説するので、そちらをご覧ください。

指定がない場合

最後に、企業からインターン面接の服装について特に指定がない場合です。

この場合は、スーツを着ていけば間違いありません。

ただ、特に指定がないので、私服を着ていっても問題ないです。

インターン面接で服装の指定がない場合に気を付けるポイントをまとめると以下の通りです。

  • 無難なのはスーツ
  • 私服ならオフィスカジュアルな服装

サリナ

服装に指定がない場合、私は企業に合わせて決めています。

事前の説明会などでスーツを着た場合はスーツを着ます。

また、ベンチャー企業などで社員も私服の場合はオフィスカジュアルな服装を着ます。

また、ベンチャー企業だけに限らず、アパレル関係企業でも私服で問題ないでしょう。

服装の指定がなく困っている場合は、担当者に問い合わせてみましょう。

以上、服装指定の場合は、無難にスーツを着るか社風に合わせてオフィスカジュアルな服装を着ることをおすすめします。

インターン面接でマイナスな印象を与えてしまう服装

インターン面接の服装で指定があるに望ましい服装は分かったけれど、「ダメな服装ってあるの?」と気になる人もいると思います。

結論、インターン面接で指定の服装を着ていったのに、面接官にマイナスな印象を与えてしまうことがあります。

マイナスな印象を与えてしまうNGな服装について事前に気をつけることができれば、そのような心配はなくなります。

そこで、インターン面接でマイナスな印象を与えてします服装について以下の項目で解説します。

  • スーツの場合
  • 【男性編】私服の場合
  • 【女性編】私服の場合

きちんと指定の服装で面接を受けたのに、マイナスな印象を与えてしまうことがないよう、これから解説するポイントに気をつけましょう。

それでは、順に解説していきます。

スーツの場合

まず、スーツでインターン面接を受ける場合です。

スーツの場合はきちんとした印象をもたれるため、少しでもシワが目立ったり、派手な色のネクタイをしていたりすると、マイナスな部分が目立ちやすいです。

せっかく身なりを整えてスーツを見たのにも関わらず、マナーが守れていなければ意味がありません。

スーツ着用時にマイナスな印象を与えてしまうポイントをまとめると以下の通りです。

  • シワやホコリが目立つ
  • プリールが取れている
  • ポケットに物がたくさん入っている
  • 派手な色のシャツやネクタイ
  • くるぶしが見える短い靴下
  • スカート丈が短い
サリナ

私は、プリールが取れないように加工したり、ホコリ取りを携帯したりしています!

また、女性のシャツには、「レギュラーカラー」と「スキッパーカラー」があります。

レギュラーカラーの場合は、第一ボタンまでしめるか、第一ボタンだけ開けて着ましょう。

一方で、スキッパーカラーの場合は、襟を整えてジャケットを羽織りましょう。

スーツの場合は特にだらしない身だしなみが目立つので、マイナスな印象を与えないように注意して着てください。

【男性編】私服の場合

次に、男性が私服でインターン面接に行く場合です。

私服と言ってもオフィスカジュアルな服装が望ましいため、ラフな服装だとマイナスな印象を与えてします。

私服だからと派手な色を着たり、ジーンズを着たりするとマナーがなっていない人だと思われてしまいます。

男性が私服でインターン面接を受ける場合に、マイナスな印象を与えないように気を付けるポイントは以下の通りです。

  • Tシャツは避ける
  • ジーンズや短パンは履かない
  • 派手な色や柄物は避ける
  • サンダルは履かない
  • ボタンを占める
  • ハイブランドの服を着ない
サリナ

迷う時は暗めの色のジャケットにシャツを着て、チノパンを着用すれば、間違いないですよ!

私服の場合も、身だしなみを見られています。

マイナスな印象を与えないように、気を付けるポイントを事前に確認してからインターン面接に臨みましょう。

【女性編】私服の場合

最後に、女性が私服を着てインターン面接を受ける場合です。

女性も男性と同様に、オフィスカジュアルな服装が望ましいので、ラフな服装だとマイナスな印象を与えてしまいます。

ラフな服装でなくても、露出あるの服や短いスカートを履いているとマナーを守れない人だと思われてしまいます。

女性が私服でインターン面接を受ける場合に、マイナスな印象を与えないように気を付けるポイントは以下の通りです。

  • 派手な色は避ける
  • 露出のある服は着ない
  • 高すぎるヒールは履かない
  • 膝より上のスカートは着用しない
  • ストッキングを履いていない
  • ハイブランドの服を着ない
サリナ

ジャケットのインナーに着るものに迷うことが多いと思いますが、シンプルにシャツを着るかブラウスを着るのがおすすめです!

女性が私服を着る場合は、スーツを着ている時の印象と変わることが多いです。

私服で悪い印象を与えないように、注意してインターン面接を受けましょう。

【男女別】インターン面接に適しているオフィスカジュアルな服装

私服でインターン面接の場合、オフィスカジュアルな服装を着ることは分かったけれど、「いまいちオフィスカジュアルって何か分からない」という人も多いと思います。

着慣れていないオフィスカジュアルのマナーについて理解できると、迷うことなく私服を決められます。

そこで、インターン面接に適しているオフィスカジュアルな服装について、以下の項目で解説していきます。

  • 【男性編】オフィスカジュアルな服装
  • 【女性編】オフィスカジュアルな服装

オフィスカジュアルな服装のマナーを理解し、自信を持って私服でインターン面接に臨めるようにしましょう。

それでは、男性のオフィスカジュアルな服装から解説します。

【男性編】オフィスカジュアルな服装

男性のオフィスカジュアルな服装の基本は、「ジャケット・襟付きシャツ・チノパン」です。

私服とはいえ、オフィスカジュアルな服装ではジャケットが必須です。

また、スーツではないのでネクタイは必要ありませんが、インナーは襟付きシャツやポロシャツが望ましいです。

その他にも男性のオフィスカジュアルな服装のマナーがあるので、以下にまとめます。

  • 黒、紺、グレーのジャケット
  • 派手な色ではない襟のあるシャツ
  • 黒、ベージュ、グレーのチノパンかスラックス
  • くるぶしが見えない靴下
  • 革靴(ベルトの色と統一されているとなおよい)
  • ビジネスバック
サリナ

最近はベンチャー企業だと、革靴ではなくスニーカーを履いている人も多いので、社風に合わせることをおすすめします!

私服は完全なる私服ではないので、オフィスカジュアルな服装のマナーを守って、インターン面接に行ってください。

【女性編】オフィスカジュアルな服装

女性のオフィスカジュアルな服装の基本は、「ジャケット・シャツ、ブラウス・スカート、チノパン」です。

女性の場合も私服とはいえ、基本はジャケットを着ることが望ましいです。

また、ジャケットとボトムスの色は違うものを着ましょう。

その他にも女性のオフィスカジュアルな服装についてマナーがあるので、以下にまとめます。

  • デザインがシンプルなジャケット
  • 華美でないブラウスやシャツ
  • ひざ丈のスカート
  • チノパンかスラックス
  • 肌色のストッキング
  • 靴のヒールは5センチ以下
  • ビジネスバックかシックなトートバッグ
サリナ

ボトムスに暗めの色、トップスに明るめの色を持ってくると締りがよくなるのでおすすめです!また、パンプスが基本とされてますが、革靴でも問題ないです!

私服と言われてもオフィスカジュアルな服装が求められるので、マナーを守った服を着用してインターン面接を受けてください。

インターン面接参加前に確認すべき服装のチェックリスト

インターン面接に望ましい服装は理解できたけれど、「注意しなきゃいけないことが多くて心配だな」と思っている人もいると思います。

インターン面接に行く前にもう一度服装をチェックすることで安心して面接を受けられます。

そこで、インターン面接参加前に確認すべき服装のチェックリストを以下の項目に分けてご紹介していきます。

  • スーツでインターン面接に参加する場合
  • 私服でインターン面接に参加する場合

マナーを守った服装かどうか心配な方は、ぜひチェックリストをクリアしてから面接に行きましょう。

では、順に紹介します。

スーツでインターン面接に参加する場合

まず、スーツでインターン面接に参加する場合にチェックするポイントは、シャツのボタンやポケットの中身など、細かなところで忘れがちになる部分です。

せっかく正しくスーツを着こなしていても、細かな部分がだらしないとそこに目が行ってしまいます。

そのため、以下のチェックリストを確認することがおすすめです。

  • シワがないか
  • ほつれがないか
  • 襟がひっくり返っていないか
  • ネクタイは緩んでいないか
  • シャツのボタンはしめてあるか
  • 襟元からインナーが見えていないか
  • ポケットに物が入っていないか
  • 前髪が目にかかっていないか
サリナ

その他にも、アクセサリーの取り忘れや靴ひものほどけなども確認しましょう。

スーツでインターン面接に行く場合は、上記のチェックリストをクリアしていると安心です。細かいところまで確認してから面接を受けましょう。

私服でインターン面接に参加する場合

続いて、私服でインターン面接に参加する場合にチェックすべきポケットは靴下の長さやスカートの丈など、私服になると意識が緩くなってしまう部分です。

マナーを守ったオフィスカジュアルな服でインターン面接に行ったとしても、少しの気の緩みが目立ってしまうともったいないですよね。

従って、私服でインターン面接に行く前に以下のチェックリストを確認することがおすすめです。

  • 膝下まである靴下を履いているか
  • スカートの丈は短くないか
  • シャツのボタンはしめてあるか(特にカフスボタン)
  • インナーが透けて見えていないか
  • 靴が汚れていないか
  • 髪の毛はセットしてあるか
  • アクセサリーはつけていないか
サリナ

私服だと気が緩みがちになり、バックや靴などの小物に対する注意が減ってしまうので、最終確認を怠らないようにしましょう!

私服でインターン面接に行く時は、その人の雰囲気やマナーの有無を見られているという意識を忘れないように気をつけてください。

そのため、私服でのインターン面接はスーツの場合と同じくらい身だしなみをチェックするといいです。

インターン面接の持ち物で注意すべきこと

インターン面接に望ましい服装は理解できたけれど、「服以下で気をつけることを知りたい」と思っている人もいるでしょう。

インターン面接では、服装だけでなくカバンや時計などの小物類にも気をつけることがあります。

そこで、インターン面接の持ち物で注意すべきことを以下の項目で解説していきます。

  • カバン
  • 時計
  • アクセサリー

服装以外はあまり気にしていなかったという方は、マイナスな印象を与えてしまわないように小物類もぜひ確認してみてください。

それでは、順に解説します。

カバン

まずは、持ち物の中でも最も目立つカバンです。

インターン面接に行く時には、基本的にビジネスバックを持ちます。

ビジネスバックとは、黒色のA4サイズの書類が入るいわゆる就活バックのことです。

カバンについて気をつけるポイントをまとめると以下の通りです。

  • A4サイズの書類を余裕を持って入れられるものか
  • 床に置いた時に倒れないものか
  • ファスナーで口を閉じられるものか
  • 飲み物や折りたたみ傘が入れられる大きさか
  • 女性の場合、持ち手は肩に掛けられる長さか
サリナ

私は、PCを持ち歩くことが多いので内容量の大きいものを持っています。また、ファスナーが下までしっかり開くものは中身を取り出しやすいのでおすすめです!

カバンは小物の中でも身だしなみの一部になるものなので、インターン面接のふさわしいビジネスバックを持ちましょう。

時計

次に、企業の方に意外と見られている時計です。

インターン面接の時には、シンプルなデザインのアナログ時計を身に着けます。

社会では、時間を意識することが多いです。そのため、腕時計をつけていると時間の管理が便利になります。

時計について気をつけるべきポイントをまとめると以下の通りです。

  • デジタルではなくアナログのものか
  • 装飾が華美でないか
  • ベルトは落ち着いた色のものか
  • ハイブランドのものではないか
サリナ

その他、厚みのあるものや大振りなものは袖に収まらないのでやめましょう!

スマホの時計を見ている人もいると思います。しかし、1日に何度もスマホを取り出していると印象が悪いです。

社会で必須スキルである時間管理をしやすいので、インターン面接時には忘れずに腕時計をすることをおすすめします。

アクセサリー

最後に、小物の中で忘れがちなアクセサリーです。

インターン面接の時は、アクセサリーを付けないのが無難です。

シンプルで小ぶりなものであれば、問題ない企業もありますが、面接のシーンではマイナスな印象を与えてしまわないよう外すことをおすすめします。

オフィスカジュアルな服装でインターン面接を受ける場合に、付けていても問題ないアクセサリーは以下の通りです。

  • シルバーの細いリング
  • シルバーのワンポイントネックレス
  • シンプルで小ぶりなピアス
サリナ

私は面接を受ける時は私服の時もアクセサリーは外しています。

もし、アクセサリーを付ける場合、ゴールドなど服装に合わず目立ってしまうものはNGとされているので、気を付けてください。

結論、インターン面接時には私服の場合であっても基本はアクセサリーを外すことをおすすめします。

インターン面接の服装に関するQ&A

最後にインターン面接の服装に関してよくあるQ&Aに答えていきます。

インターン面接の服装について迷わなくていいように、心配なことがある方はぜひQ&Aも参考にしてみてください。

よくある質問は以下の通りです。

  • 間違った服装で面接会場まで着てしまったら?
  • オフィスカジュアルな服を持っていない場合、どうしたらいい?
  • 女性の場合、スカートとパンツどっちがいいの?
  • 面接を受けるときはどんな髪型が良いですか?

それでは、1つずつ答えていきます。

Q1間違った服装で面接会場まで着てしまったら?

結論、欠席をせずに着ていった服装でインターン面接を受けてください。

素直に間違った服装で来てしまったことを謝りましょう。

間違った服装を着てきてしまったという理由に嘘をついて、インターン面接をキャンセルする方がマイナスになります。

サリナ

服装が間違っていることを気にしすぎて空回りしてしまうよりも、服装のミスをカバーできるくらい面接で自己PRした方が印象がいいですよね!

間違った服装で面接会場に着いてしまっても、欠席することなくインターン面接を受けることをおすすめします。

Q2オフィスカジュアルな服を持っていない場合、どうしたらいい?

結論、リクルートスーツでインターン面接を受けてください。

オフィスカジュアルな服装を普段着ない人は持っていない方も多いでしょう。

そのため、オフィスカジュアルな服がない場合には、迷わずスーツでインターン面接を受けましょう。

サリナ

どんな企業であってもスーツであればマイナスな印象にはなりませんよ!

オフィスカジュアルな服を持っていなくて困っている時は、スーツでインターン面接を受けることをおすすめします。

Q3女性の場合、スカートとパンツどっちがいいの?

結論、スカートでもパンツでもどっちでもいいです。

スカートだと一般的に柔らかい印象があり、パンツだと活発な印象を与えます。

動きやすさや好みに合わせて選んで問題です。

サリナ

私はパンツスーツを着て面接を受けていましたが、特に問題はなかったです。

スカートでもパンツでも正しい身だしなみでインターン面接を受けることが重要です。

そのため、どちらがいいかという基準はないので、好きな方を着用しましょう。

Q4面接を受けるときはどんな髪型が良いですか?

結論、男性は短めでおでこを見せる、女性は前髪が目にかからないようにし、長い場合は結ぶのが基本です。

目を見て話すと髪型が常に見られていることになるので、ヘアスタイルが与える印象は大きいでしょう。

面接に適した髪型のポイントをまとめると以下の通りです。

〈男性〉

  • 前髪は目にかからないように
  • もみあげは短めで
  • 襟足がシャツの襟につかないように
  • サイドは耳にかからないくらい
  • 前髪をあげておでこを見せる
  • 香りのきつくないワックスを使う
  • ボリュームを出しすぎない

〈女性〉

  • 肩より長い場合は結ぶ
  • ヘアアクセサリーはシンプルな物
  • 前髪は目にかからないように
  • 崩れやすい場合はスプレーをする
  • 耳を見せる
  • お辞儀した時に顔にかからないように
サリナ

私は肩よりも長いので、基本1つに結んで耳を出すようにしています。。

髪型が与える印象は大きいので、崩れないようセットをしてインターン面接に臨みましょう。

まとめ:企業の求める服装で面接に参加しましょう!

本記事ではインターン面接の服装についてマイナスな印象を与えないように気をつけるポイントなどを紹介しました。

インターン面接の服装に関して迷っていた方の悩みが解決できたのではないかと思います。

インターン面接には、企業が求める服装で参加し、マイナスな印象を与えないことが重要です!

せっかく指定の服装を着ても、身だしなみが整っていなかったらマイナスになってしまうので、チェックリストをクリアしてから面接に臨みましょう。

インターン面接の服装で困っていることがある方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

  • インターン面接には企業が求めている服装で参加する
  • 身だしなみをきちんとチェックし、マイナスな印象を与えない
  • インターン面接では服装だけでなく小物類にも気を付ける

服装だけでなくインターン面接でおさえておくべきことを知りたい方は、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください!

✔︎インターン面接の全体像、概要について知りたい人はこちら!

▶︎ インターンの面接でおさえておくべきこととは?質問・回答例もご紹介

インターンカテゴリの最新記事