【10/31開催】無料!長期インターン祭! ▶︎▶︎▶︎
【体験談】長期インターンが就職活動に有利になる理由を徹底解剖

【体験談】長期インターンが就職活動に有利になる理由を徹底解剖

皆さんこんにちは!Z大学のナイキです!

Z大学では、「就活・留学・学生ビジネスなど」主に大学では学べないことを発信しています!

  • 長期インターンって本当に就活に強くなるの?
  • 長期インターンシップを就活に活かす方法を知りたい
  • 長期インターンが就活に有利になる理由を知りたい

近年は、意識高い学生の中では、就職活動前に、長期インターンシップを参加する事が当たり前になってきましたよね。

一方で、参加をした事ない学生からすると、本当に長期インターンシップは就職活動に有利になるのかわかりませんよね。

ナイキ

結論、長期インターンシップは就職活動に有利になります!

僕も、長期インターンシップに5回参加した経験を活かして、ITメガベンチャー2社から内定をいただきました!

そこで本記事では、、、

  • 長期インターンが就活で有利になる理由
  • 長期インターンを就活に活かす方法
  • 【体験談】長期インターンを就活でどのように活かしたか

これらについて詳しく解説していくので、長期インターンが就活で有利になる理由や、長期インターンを就活にどのように活かすかを知りたい方は、最後までご覧ください!

この記事を監修した人

ナイキ|南山大学4年

新卒採用イベントの責任者と文部科学省の海外留学プロジェクトの長期インターンシップに参加。その他海外インターンシップも3度参加している。

ITメガベンチャー2社内定。

企業が就活生に求めている事

長期インターンが就活で有利になる理由や、長期インターンの経験を就活に活かす方法を解説するには、企業が就活生に求めている事を先に知る必要があるので解説します。

企業が就活生に求めている事を知らずに、ただ長期インターンシップに参加しても時間の無駄になってしまいますよね。

長期インターンシップ先を選ぶ際は、企業が就活生に求めている事を満たす事ができるか検討してみてください。

企業が就活で合否判断しているポイントは、以下になります。

<企業が就活で合否判断しているポイント>

  • 素直さ
  • 基本的な社会マナーがあるか
  • 思考力
  • 実績

順に解説していきます。

素直さ

素直さは企業から就活生に求められています。

新卒で入社する就活生は、ビジネスへの知見がないため、即戦力にならず、最初は役に立たない事が多いです。

しかし、企業が新卒採用する理由は、どこの会社に染まっていないため、自社のやり方を素直に受け止めてくれる素直さが魅力でやっています。

そのため、就活生は、企業と面接する時は素直さをアピールしましょう。
素直すぎてもNGなので、尖りすぎず、柔軟な対応をしながら意見を言う事が、上手に素直さをアピールするコツです。

ナイキ

素直さは長期インターンシップの面接でも見られているため、意識をしていきましょう!

基本的な社会マナーがあるか

基本的な社会マナーも企業は就活生に求めています。

基本的な社会マナーとは、挨拶ができる、お礼を忘れない、姿勢が良いか、笑顔でハキハキと喋れるなどを指します。

基本的な社会マナーがないと、どんなに優秀な子でも、会社で働く事には適応しないと判断されてしまうため、基本的な社会マナーの実践は忘れずに行いましょう。

ナイキ

長期インターン生として働く時にも、基本的な社会マナーの実践はとても大切です!

深い思考力

深い思考力も企業は就活生に求めています。

深い思考力とは、言い換えると、どれだけ課題を正確に特定し、解決していくかの力があるかを指します。

ビジネスでは、バイトと違い、まだ見ぬ問題にチャレンジしていかなくてはなりません。まだ見ぬ問題を解決していくためには、必ず深い思考力が必要になってくるため、企業は就活生に深い思考力を求めています。

ナイキ

長期インターンでも、バイトとは違い、創造性が必要な仕事をしていかなくてはならないため、深い思考力は必要です!

実績

実績も企業は就活生に求めています。

実績とは、学歴、部活動の成績、大学時代に取り組んだ事などを指します。

企業は、過去の実績から、どの程度自社でも活躍してくれるだろうと推測するために、実績を就活生には求めます。

ナイキ

長期インターンで活躍すると、実績の一つとして語れるでしょう!

長期インターンが就活で有利になる理由

ここからは、企業が就活生に求めている事に触れながら、本題の長期インターンが就活で有利になる理由を紹介します。

長期インターンシップを参加するか迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

以下が長期インターンが就活で有利になる理由です。

<長期インターンが就活で有利になる理由>

  • 面接時に話す実績となる
  • 基礎的なビジネススキルが身につけられる
  • 思考力がつく
  • 社会人と話すことに慣れる
  • 職種や会社を選んだ理由が体験談から話せる

順に解説していきます。

面接時に話す実績となる

面接時に話す実績となることは、長期インターンシップが就活有利になる理由の一つと言えます。

上述でもありますが、企業は就活の際には、実績を学生に求めます。

長期インターンシップは、学生の中でも、まだ4%程度しか参加していないため(就職みらい研究所より)一般的なものとは言えず、長期インターンシップに参加した事は、面接時に話せる実績となります。

また、長期インターンシップでも、〇〇円売り上げましたなど、数字ベースで顕著な活躍が見られる場合は、胸を張って輝かしい実績として語れるでしょう。

ナイキ

僕も就活では、長期インターンシップが実績として、有利に働いたなと感じております。

基礎的なビジネススキルが身につけられる

基礎的なビジネススキルが身に付けられることも、長期インターンシップが就活で有利になる理由と言えるでしょう。

基礎的なビジネススキルとは、メールの返信や電話対応、エクセルの作成などを指します。

大半の学生は、社会で働いた事ないため、基礎的なビジネススキルは身につけていない中、長期インターンシップで、基礎的なビジネスキルを取得していると、社会人として良いスタートダッシュを切れる証拠となるため、就活で有利に働くでしょう。

社会人のスタートダッシュを良くしたい学生には、長期インターンシップはオススメです!

ナイキ

長期インターンシップを、3ヶ月以上行うと、基礎的なビジネススキルは身に付くと思います。

深い思考力がつく

思考力がつくことも、長期インターンが就活で有利に働く理由の1つです。

企業は、就活生には深い思考力を求めますが、長期インターンシップでは、バイトと違い、まだ見ぬ課題に対して、自分が解決策を創造しながら行動していかなくてはならないため、深い思考力が付くと言えます。

また、できるだけ深い思考力をつけるためには、上司の方に言われた事だけでなく、自分から積極的に手を挙げて様々な仕事に取り組む事が必須となるので、出来るだけ積極的に仕事を行うように意識をしましょう。

ビジネスマンとして思考力を上げたい学生には、長期インターンシップはオススメです!

ナイキ

僕も、積極的に仕事する事で、新たな仕事を呼び込み、結果として深い思考力を身につける事ができたと思います。

社会人と話す事に慣れる

社会人と話す事に慣れるのも、長期インターンシップが就活で有利になる理由と言えます。

長期インターンシップを経験していると、社会人と話すことには慣れているため、面接も落ち着いて話せるためです。

普通の大学生だと、社会人と話す機会がなく、就活の時には緊張してしまいますよね。

社会人と落ち着いて喋れるようになりたいと考えている学生は、長期インターンシップに参加してみてはいかがでしょうか。

ナイキ

僕も長期インターンシップのおかげで、変な緊張はせずに、落ち着いて面接を受ける事ができました!

職種や会社を選んだ理由が体験談から話せる

職種や会社を選んだ理由が体験談から話せるのも、長期インターンが就活で有利になる理由の一つです。

長期インターンシップを経験していると、職種や会社を選んだ理由を、長期インターンシップで実際に経験した体験談から話せるので、企業側も安心して採用しやすいですよね。

普通の大学生だと、アルバイトやサークルの経験からしか話すしかなく、あくまで仮説ベースの話になってしまいます。

また、長期インターンシップを通じて、必要な実務スキルを身につけている場合は、企業はより採用したくなりますよね。

志望動機を、体験談ベースで話をしたい学生は、長期インターンシップに参加しましょう!

ナイキ

希望職種の業務内容を体験した状態で入社すると、入社してからのギャップも少なくなりますよね。

長期インターンを就活に活かす方法

いかがでしょうか!長期インターンが就活で有利になる理由は理解していただけたかと思います。

しかし、長期インターンの体験を就活で有利なエピソードとして話すには、ちゃんとした方法があります。

そのため、ここからは、長期インターンを就活に活かす方法を紹介します。

以下が、長期インターンを就活に活かす方法です。

<長期インターンを就活に活かす方法>

  • 長期インターン先を慎重に選ぶ
  • 目的を持って長期インターンシップに参加する
  • 長期インターンシップに参加して学んだ事をまとめる

順に解説していきます。

長期インターン先を慎重に選ぶ

長期インターンを就活に活かすには、長期インターン先を慎重に選びましょう。

長期インターンシップ先によっては、 インターンシップ生に雑務しかさせない場合もあります。 

雑務しかさせていただけない職場では、長期インターンシップを経験していても、経験内容を実績として話しづらいですよね。

長期インターンシップの経験を、就活の時に胸を張って話せるような職場を選ぶためにも、 長期インターンシップ先は慎重に選びましょう!

ナイキ

長期インターン先を決定するのに、3社以上の会社と面談することをオススメします!

目的を持って長期インターンシップに参加する

目的を持って長期インターンシップに参加する事は、長期インターンシップを就活に活かすためには大切です。

就活の際に、長期インターンシップのエピソードを話す場合、学生のモチベーションの源泉や、思考力を試すために、必ずなぜ参加したかなどを聞かれます。

目的なしに、長期インターンシップを参加すると、経験した事だけが目立ち、経験内容を深く聞かれた際に曖昧な可能性があります。

相手は、学生を何万人も相手にしてきたプロなので、曖昧な回答をすると、思考力のなさが一瞬でばれます。

面接の際に、思考力をアピールするためにも、目的を持って長期インターンシップに参加をしましょう!

ナイキ

目的なしに参加すると、長期インターンシップ中に辛いことがあると、すぐに辞めたくなります。

目的があると、辛い時に目的を思い出して踏ん張る事ができるので、ぜひ目的を持ってインターンシップに参加してください!

長期インターンシップに参加して学んだ事をまとめる

長期インターンを就活に活かすには、長期インターンシップに参加して学んだ事をまとめましょう!

面接時の、長期インターンシップ経験に対する深掘りに対して、綺麗に話すためには、長期インターンシップで学んだことをまとめていないと話せないですよね。

おすすめのまとめ方は、メモ帳に、

  • 長期インターンシップになぜ参加したか
  • 何が課題だったのか
  • 課題に対してどのような施策をしたか
  • 結果として何を残せたのか
  • 長期インターンシップの経験から何を学んだか

これらをまず深ぼる事で、ESや面接で聞かれる、学生時代に頑張った事、いわゆるガクチカを完成させるとができるのでオススメです!

後は、面接前に自身が作成したガクチカを社会人の人に添削していただいて、きになる所を指摘してもらえば完璧です。

就活を有利に進めるためにも、長期インターンシップに参加して学んだ事をメモ帳などにまとめましょう!

【体験談】長期インターンを就活でどのように話していたか

ここまでで、長期インターンシップが就活に有利になる事や、どのようにすれば、長期インターン経験を就活に活かせるか理解していただけたかと思います。

しかし、解説だけでなく、実際に、どのように長期インターンシップの経験を就活の際に話していたかの体験談も知りたいですよね。

そこで、最後に、どのように長期インターンシップの経験を就活の際に話していたかの体験談を紹介します。

ぜひ、長期インターンシップを就活に活かしたい方は参考にしてみてください!

愛知の大学生の体験談【ナイキ】

僕の場合は、以下のようにガクチカを作成し、面接で話していました。以下のガクチカで、ITメガベンチャー2社内定もらいました。

<500字のガクチカ>

ベトナムの人材企業での法人営業インターンで新規アポ取り300件に挑戦したことです。

学生1人でインターンに参加し、半年間活動しました。

会社は新規開拓営業に手が回っておらず、売り上げに伸び悩んでいる状況だったので、自分が新規開拓営業のアポ取りにチャレンジしました。300件という数字は、上司のスケジュールや過去のインターン生の成績加味して決めました。しかし、最初は全くアポが取れませんでした。私はアポの件数を増やすため、なぜ取れないかを、架電の際に会話を録音することや上司に課題のヒアリングをすることで、原因を追求。そして、電話の数の少なさ、自社の強みや顧客のニーズの把握、自信を持ち会話するなどの課題を発見しました。以降、上記課題を意識しながら、毎日100件以上架電する事で、徐々にアポの件数を増やすことができました。

その結果、新規営業アポ300件の獲得を達成することができました。

ここから特に、自社や顧客の事を知る大切さを学んだので、今後社会出た時もそれを意識して行動します。

まとめ

いかがだったでしょうか!

本記事は、

  • 長期インターンが就活で有利になる理由
  • 長期インターンを就活に活かす方法

これらについて解説しました!

長期インターンシップは、就活に有利になるのは間違いないです。
しかし、有利にするためには、長期インターンシップに参加する目的や長期インターンシップ経験の振り返りをする事が必須です。

就活を有利に進めたい学生は、ぜひ長期インターンシップに挑戦してみてください!

<まとめ>

  • 長期インターンシップは様々な理由で就活には有利
  • 就活を有利に進めるためには、目的を持って長期インターンに参加する
  • 長期インターンの経験をまず振り返る事は重要

インターンカテゴリの最新記事