【徹底紹介】留学中にWi-Fi・インターネットを使用する方法5選

  • 2021年2月4日
  • 2021年5月15日
  • 留学
  • 3view
  • 留学するときってポケットWi-Fiは必要なの?
  • おすすめのWi-Fiレンタルサービスを教えてほしい!
  • 実際に留学している人のWi-Fi事情を聞きたい!

この記事では以上のような悩みを解決していきます!

マレイ

皆さんこんにちは!Z大学のマレイです!

Z大学では、「就活・留学・学生ビジネスなど」主に大学では学べないことを発信しています!

これから留学を控えている方は留学中にWi-Fi,インターネットを使う方法を知りたい!」「おすすめのWi-Fiレンタルサービスと思っている方も多いかと思います。

とは言っても、留学先によってWi-Fiやインターネット事情が異なるうえに、Wi-Fiレンタルサービスがたくさんありすぎてどこがいいのか分かりませんよね。

そこで本記事では、Wi-Fiレンタルサービスを比較し、さらにWi-Fiレンタルサービスを選ぶポイントや注意点を解説していきます。

マレイ

私自身も、海外に正規留学中でWi-Fiレンタル経験があり、いまは現地のWi-Fiルーターを契約しています!

  • 留学中にWi-Fi・インターネットを使用する方法5選
  • 留学する際の日本のおすすめWi-Fiレンタルサービス3選
  • 留学時のWi-Fiレンタルを選ぶポイント3選

これらについて体験談を交えて解説するので、これから留学を考えている方はぜひ最後までご覧ください!

 

この記事を監修した人

マレイ

現在、マレーシアに正規留学中。海外大学に正規留学中でマレーシア滞在歴1年半!

  • Amazon Prime Student:今なら6ヶ月無料で使える学生向けの格安サービス!映画・音楽・読書・お急ぎ便が月額たったの250円
  • 楽天カード:年会費永年無料!学生でも作れるおすすめクレジットカード。今なら楽天カード新規入会&利用で5000ポイントプレゼント!
  • U-NEXT:200,000本以上の映画が⾒放題で断トツのNo.1!最新レンタル作品も充実。まずは31日間無料トライアル!

【完全版】留学中にWi-Fi・インターネットを使用する方法5選

留学中にWi-Fi・インターネットを使用する方法5選

今の時代、学校のオンラインクラスやリモートワーク、家族との連絡など生活のほとんどがインターネットによって成り立っています。

なので、スマホやパソコンがスムーズに使えないというのは留学生にとって死活問題ですよね。

留学中でもスムーズにインターネットを利用する方法はいくつかあります!

それを知っておくだけで、インターネットに困ることはないですし、無駄な心配が無くなり留学生活により集中出来るでしょう。

留学中にWi-Fi・インターネットを利用する方法は以下の5つです。

 

<留学中にWi-Fi・インターネットを利用する方法5選>

  1. 街や寮の無料Wi-Fiを使用する
  2. SIMカードを購入する
  3. 日本の携帯会社のデータローミングを使用する
  4. ポケットWi-Fiを使用する
  5. 現地でWi-Fiを契約する

これらについて詳しく解説します。

1.街や寮の無料Wi-Fiを使う

海外でも市街地、ショッピングモールやファストフード店、博物館や美術館などの観光地では無料でWi-Fiが利用できるところがあります。

また、大学や寮などでは、在学している学生に向けて無料Wi-Fiを設置している所が多いです。

無料でインターネットを利用できるというのは、留学生にとって、とても嬉しいポイントですよね。

また、ややこしい手続きをせず、簡単に誰でも接続することが出来るので少し調べものがしたい時などには、とても便利です。

無料Wi-Fiを使うべき理由は以下の通りです。

 

<無料Wi-Fiを使うべき理由>

  • 無料であること
  • 誰でも簡単に利用出来ること
  • 利用できる場所が多く存在すること

これらの特徴があります。

マレイ

私はWi-Fiを求めてカフェ巡りをするくらい、無料Wi-Fiにはとてもお世話になっています!

ただし、一日に利用できる時間や回数が決まっていたり、速度がおそかったり、セキュリティが弱いというデメリットもあります。

そのため、無料Wi-Fiを利用する場合はこれらの注意点を頭に置きながら、軽いネットサーフィンや動画視聴などにとどめておくことをお勧めします。

無料Wi-Fiは気軽さが魅力ですが、その分注意すべきこともあるので上手に利用しましょう。

2.SIMカードを購入

次に現地のSIMカードを購入して利用する方法です。

SIMカードとは、SIMフリーにした携帯にSIMカードを差し込んでインターネットを利用する方法になります。

SIMカードの種類はたくさんあって、現地で買う物やネットで購入できるものなど色々あります。

自分の滞在期間や通信量に合わせてSIMカードを購入できるので無駄が少なくコストを抑えることが出来ます。

支払いはプリペイド式になるため、高額請求などの恐れもありません。

SIMカードを使うべき理由は以下の通りです。

 

<SIMカードを使うべき理由>

  • まずはSIMフリーの携帯を用意する必要がある
  • 自分に合わせたSIMカードを購入できるため無駄がない
  • 高額請求の心配がない
マレイ

私自身、長期留学ということもあって現地でSIMカードし、今でも利用しています!

もう一つSIMカードには特徴があって、現地の電話番号を取得できるというものがあります。

海外でバイトをしたい方など、現地の電話番号が必要になる方はSIMカードが便利です。

長期留学やワーホリの方は、現地の電話番号が必要になると思うのでSIMカードの購入をおすすめします。

また、それ以外の方も自分の留学に合わせたSIMカードを購入することが、もっともコストを抑えられる方法なので留学前に自分が行く国のSIMカードについてよく調べておくことも大事になってきますね!

3.日本の携帯会社のデータローミングを使用する

次に、日本で契約している携帯会社の海外データローミングを利用するという方法です。

簡単に説明すると、海外に行った場合でも日本で契約している携帯会社の電波を利用するということです。

日本の携帯会社は基本日本国内のみで電波が利用できますが、海外にある携帯会社の電波を使うことで海外でもインターネットを利用できるようにしています。

ですが、ここには大きな落とし穴があります。

データローミングによる通信はあなたが契約しているプランに適応されません。

海外に行って、帰国したら高額の請求書がきた」という話を耳にしたことがあると思います。

帰国後に身に覚えのない請求に見舞われたというのは、よくある落とし穴なので注意しましょう。

海外データローミングの特徴をまとめると以下の通りです。

 

<海外データローミングの特徴>

  • 日本で契約している携帯会社の通信を利用
  • 通常の利用料金より割高
  • 気付かないうちにデータローミングを利用していることがある
マレイ

iPhoneだと「設定」→「モバイル通信」→「通信のオプション」→「データローミング」をオフで未然に高額請求を防ぐことが出来るので、海外に行く前に必ず確認しましょう!

しかし、近年では海外でも安く利用できるをデータ通信プランも提供されるようになりました。

普段使っているSIMカードをそのまま使えるので、とても簡単に海外でもデータ通信を利用できます。

まずは、自分の携帯会社に問い合わせをしてみましょう。

データローミングは割高なことも多いですが、短期の海外留学を考えている方は一度考えてみることをお勧めします。

4.ポケットWi-Fiを使用する

次にポケットWi-Fiについてです。

ポケットWi-Fiは日本または現地でレンタルをし、ネットを利用する方法となります。

持ち運びが出来るWi-Fi端末によって、どこでもスムーズにネット接続が出来ます。

それが、例え海外だったとしても通信速度が落ちることはありません。

ポケットWi-Fiの特徴をまとめると以下の通りです。

 

<ポケットWi-Fiの特徴>

  • どこでも快適にネットを利用できる
  • セキュリティ面で安心
  • 接続が簡単
マレイ

私自身、海外旅行の際にポケットWi-Fiを利用したことがありますが、スムーズにネットを利用できたので、とても助けられました!

利用開始までの手続きにあまり時間がかからないというのもポケットWi-Fiのメリットの一つです。

最も早くて、出発当日に空港で借りることも可能です。

ポケットWi-Fiは接続が簡単なうえに通信速度も速く、とても利用しやすいサービスです。

場所を問わず、快適なネット環境を整えたい方にはポケットWi-Fiがお勧めです。

5.現地でWi-Fiを契約する

次に、留学先の国でWi-Fiサービスを契約するというものです。

月額いくらという形で支払っていくため、三か月以上の長期留学をする方にはお勧めです。

なにより、「安く、安心して、安定した」通信を利用できることが一番の魅力でしょう。

現地でWi-Fiを契約すべき理由は以下の通りです。

 

<現地でWi-Fiを契約すべき理由>

  • 利用料金が安い
  • 長期留学向き
  • 安全にネットを利用できる
マレイ

私自身、現地でWi-Fiを契約して、ネットを利用しています!けれど、契約する際、まだ留学したばかりの時期だったので結構苦労しました。

しっかり事前に調べてから、契約しに行くを強くお勧めします!

現地でWi-Fiを契約するには、最低でもパスポート、ビザの証明書、現地の銀行口座が必要になってくる所が多いです。

そのため、正規留学や長期留学を考えている方でないと利用できないサービスです。

必ずと言っていいほど、留学にはインターネットが必須になってくるので、コストを抑えつつ、安定した通信を利用するには現地でWi-Fiを契約することをお勧めします。

 【必見】留学生向けWi-Fiレンタルサービスの選ぶポイント3選

 【必見】留学生向けWi-Fiレンタルサービスの選ぶポイント3選

ここまで留学中にWi-Fi・インターネットを使う方法を紹介していきましたが、留学する際にどこのWi-Fiサービスを利用すれば良いのか自分の知識の中だけで選ぶのは難しいですよね。

レンタルサービスの概要を見た時に注目すべき点がいくつかあるので、そこに絞って各サービスを比較すれば自分に合ったサービスを選ぶことが出来るでしょう!

Wi-Fiレンタルサービスを選ぶ際に見るべきポイントは以下の3つです。

 

<Wi-Fiレンタルサービスを選ぶ際に見るべきポイント>

  1. 料金
  2. 速度
  3. 容量

これら3つについて詳しく解説していきます。

1.料金

最も重要といっても過言ではないのが「料金」ですよね。

レンタルの基本料金は渡航する国の通信料金を基準に、1日あたりいくらという単位で設定されており、国や地域・通信速度や利用可能データ量によって料金が異なります

その国だと、現地でWi-Fiレンタルした方が割安なこともあるので、渡航先でのWi-Fiレンタルも視野に入れて選ぶことがポイントです。

特典で割引を行っている会社も多いのでうまく利用しましょう。

マレイ

例えば、台湾の場合、有名Wi-Fiレンタルサービスではなく”台湾DATA”というところが人気で、とても安くレンタルできます。

安く抑えるためには、渡航先現地のWi-Fiレンタルサービスを検索してみることと割引がないか調べることが大切です。

2.速度

Wi-Fiを利用するにあたって、速度はとても大切ですよね。

ストレスなく、インターネットを利用することが留学生活をスムーズにするとも言えるかもしれません。

ポケットWi-Fiは一般的に3Gと4G(LTE)があります。

マレイ

もちろん4Gの方が早いですが、3Gでも問題なく使うことができます。

4Gと3Gでは倍以上も料金の差があるものもあります。

料金と自分のインターネット利用頻度などを考えて選びましょう。

速度は、一般的に3Gか4Gのどちらかになります。普通の人だと3Gでも困ることはないので、よく考えて選びましょう。

3.容量

容量とは1日あたり利用可能な通信データ量のことです。

自分が日頃どれくらいの容量を使っているのか確認をして選びましょう。

WiFiレンタルサービスでは、1日あたり約300MB利用できるプランを通常プランとしている会社が多いです。

以下の表では300MBでは何ができるのかを表しています!

Web観覧約1370ページ
LINE約7500トーク
Google Map約30分
Youtube 動画視聴 (1080P)約10分
Instagram約40分

(参考:グローバルWi-Fi公式サイト

マレイ

動画を見たり、SNSを頻繁に利用したい方には不十分かもしれません。

渡航先の国によっては無料Wi-Fiが充実している国も多いので、それを上手く利用しつつ1日を過ごせば300MBでも十分足りると思います。

【徹底比較】留学する際のおすすめWi-Fiレンタル企業3選

【徹底比較】留学する際のおすすめWi-Fiレンタル企業3選

留学を検討されているの中で「どの企業のWi-Fiレンタルサービスがいいのか知りたい!」「安さと通信速度どちらも譲れない!」などと思っている方も多いと思います。

なかなか自分で各Wi-Fiレンタルサービス全てを比較するのは面倒ですよね。

そこで、これから人気Wi-Fiレンタルサービスを徹底比較していこうと思います。

今回比較する人気Wi-Fiレンタル企業は下の3つです。

 

<人気Wi-Fiレンタル企業>

  • イモトのWi-Fi
  • グローバルWi-Fi
  • Wi-Ho!

以上3つを徹底的に比較していきたいと思います!

イモトのWi-Fi

イモトのWi-Fi 」は、タレントのイモトアヤコさんが宣伝部長を務めているWi-Fiレンタルサービスです。

Wi-Fiレンタルサービスで最も有名なサービスということもあり、少し料金は高めですが、豊富なオプションが魅力的です。

イモトのWi-Fi の特徴をまとめると以下の通りです。

対応している国200か国以上
受け取り、返却場所宅配、空港(成田・羽田・中部国際・関西国際・新千歳・福岡)、東京本社
無制限プランあり〇
1日あたりの料金(アメリカ・4G)約980円
渡航中の24時間サポートあり〇
マレイ

カウンターは6空港のみと少ないですが、24時間サポートはもちろん、200以上という対応している国の多さはとても魅力的です。

しかし、料金設定が他と比較すると少し高くなっています。

イモトのWi-Fi は利便性やサポートが抜群に良い反面、価格が少し高いですが、安心してWi-Fiを利用したい方にはおすすめなWi-Fiサービスとなっております!

ですので、安心して留学時にWi-Fiを使い方はぜひ申し込んでみてください!

▶︎イモトのWi-Fiの詳細はこちらから

グローバルWi-Fi

グローバルWi-Fiは口コミや評判が高く、とても手厚く安心なサポートが特徴的なWi-Fiレンタルサービスです。

「グローバルWi-Fi」は、受取・返却場所の多いのがとても魅力的です。

渡航中に通信容量を追加できたり、LINESkypeでもサポートを受けることができます!

グローバルWi-Fiの特徴をまとめると以下の通りです。

対応している国200か国以上
受け取り・返却場所宅配、空港(成田・羽田・関西国際・中部国際・伊丹・静岡・新千歳・旭川・仙台・新潟・小松・福岡・北九州・大分・宮崎・鹿児島・那覇・みやこ下地島)、他(渋谷ちかみち・JR宮崎駅)、コンビニ、現地(ハワイ・韓国・台湾)
無制限プランあり〇
1日あたりの料金(アメリカ・4G)970円
渡航中の24時間サポートあり〇(電話・メール・LINE・Skype)
マレイ

対応している国は200以上で、非常に手厚いサポートがとても魅力的です。LINE、Skypeで問い合わせが出来るのは、留学生にとって、とても安心です。

グローバルWiFiは国内17空港、35ヶ所のカウンターで受け取り・返却が出来るというのは他にない魅力的なポイントです。

少し都市部から離れているという方には是非おすすめしたサービスです。

Wi-Ho!

Wi-Ho!」は、翻訳機やモバイルバッテリーなど、豊富なオプションが魅力のWi-Fiレンタルサービスです。

申し込み時期によっては大幅な割引キャンペーンが実施されているので、とてもお得に利用することができます。

対応している国は200以上で、24時間サポートはもちろん、受取先は自宅と国内8空港のカウンターが利用でき、とても便利です。

Wi-Hoの特徴をまとめると以下の通りです。

対応している国200か国以上
受け取り・返却場所宅配、自宅、空港(成田・羽田・関西国際・中部国際・新千歳・高松・松山・福岡)
無制限プランあり〇
1日あたりの料金(アメリカ・4G)約750円
渡航中の24時間サポートあり〇(電話・メール)
マレイ

さらに、利用料金が3000円を超えると、自宅まで送料無料になるそうです!

豊富なオプションから自分に合ったものを選べ、また大幅な割引キャンペーンを実施していることも魅力的なポイントです。

【要確認】留学前にWi-Fiをレンタルする時に注意すべき点4選

これから海外に留学をする方は、Wi-Fiレンタルを考える必要があると思います。

その際にWi-Fiレンタルの際に注意すべきことはあるのか?」「レンタルする前に知っておくべきことって何?と思う方も多いかと思います。

Wi-Fiをレンタルする際に、いくつかの注意点があり、それらを事前に知っておくことで海外に行ってから後悔するのを防ぐことが出来ます。

Wi-Fiをレンタルする際に注意すべき点は以下の4つです。

 

<Wi-Fiをレンタルする際に注意すべき点>

  1. 国によって値段が変わる
  2. レンタル機種による通信可能エリアの違い
  3. 紛失・破損した場合、修理費用を負担する必要がある
  4. ポケットWi-Fiは充電が必要

これらについて以下で詳しく解説していきます。

 1.国によって値段が変わる

Wi-Fiレンタルサービスの料金は国や地域によって大幅に変わるので注意が必要です。

国によって対応しているWi-Fiレンタルサービスが変わりますし、ある国に特化したサービスもあります。

有名なWi-Fiレンタルサービスを検索するのではなく、渡航する国をまず念頭に置いてサービスの検索を勧めていくことをお勧めします。

マレイ

価格.comなどの料金比較サイトを利用するとわかりやすいですよ。

今回上記で比較した3社のサービスはあくまで参考程度してもらい、実際に自分で行く国の料金はどのくらいかかるのか調べてみてください。

 2.レンタル機種による通信可能エリアの違い

ポケットWi-Fiには通信できるエリア通信できないエリアが存在します。

ポケットWi-Fi各社サービスによってそのエリアは異なります。

もし、通信できないエリアに入ってしまうと圏外になり、ポケットWi-Fiは使用できなくなります。

そのため、事前にWi-Fiの対応エリア確認をしておく必要があります!

マレイ

ポケットWi-Fiの対応エリアの確認は各社のホームページで行うことが出来ます。渡航前に確認しておくことをお勧めします!

現地に到着してから「自分が住むエリアはポケットWi-Fiが対応していなかった…」などの悲劇にならないように、事前にしっかり確認しておきましょう!

3.紛失・破損した場合、修理費用を負担する必要がある

ポケットWi-Fiは紛失・破損してしまった場合、費用を負担する必要があります。

ついポケットWi-Fiを落としてしまったり、どこかで無くしてしまうこともあるでしょう。

その場合、修理費用を支払う必要があります。費用はレンタル会社によって異なりますが、数万円程度かかることが多いです。

そのため、ポケットWi-Fiは丁寧に取り扱いをしましょう。

マレイ

しかし、事前に補償制度に加入しておくことで費用が免除されるので、自分はよく物をなくすという方は加入しておくと良いでしょう。

負担費用の数万円は留学生にとったら、大きな金額になるかと思います。ポケットWi-Fiは無くさないように丁寧に取り扱いましょう。

4.ポケットWi-Fiは充電が必要

ポケットWi-Fiは充電式なので、定期的な充電が必要です。

持ち運びが便利な分、携帯のように充電が必要なのがポケットWi-Fiです。

いきなり充電が切れて、電波が使えなくなるということのないように、こまめに充電をしましょう。

マレイ

レンタルした機種にもよりますが、1日中使えば充電が切れてしまうこともあります。

モバイルバッテリーを用意しておくと良いでしょう。

ポケットWi-Fiの利用を決めたら、モバイルバッテリーも忘れずに持参しましょう。

まとめ:留学する時はポケットWi-Fiのレンタルがおすすめ!

まとめ:留学する時はポケットWi-Fiのレンタルがおすすめ!

留学する際には必ず インターネットが必要になってきます。

安心して海外生活を送るためにもポケットWi-Fiをレンタルすることをお勧めします。

どこのWi-Fiレンタルサービスがいいのかは留学する国や普段のインターネット使用量などによります。

そこを踏まえて、自分に合ったWi-Fiレンタルサービスを利用するようにしましょう。

ポケットWi-Fiはとても便利で、慣れない海外生活には必須だと思います。

ぜひこの記事を参考にして、留学する際はWi-Fiレンタルサービスを利用してみてください。

 

<まとめ>

  • 無料Wi-Fiを上手く利用しましょう
  • Wi-Fiレンタルサービスは留学先の国によって大きく変わる
  • 短期留学にはポケットWi-Fiが必須

▼【合わせて読みたい!】編集部のおすすめ記事!

マレイ

最後までご覧頂きありがとうございました!

YouTubeではさらに分かりやすい解説動画、Twitterでは更新情報を届けているので、チェックお願いします!

最新情報をチェックしよう!
>【学生必見】Amazon Prime Studentが超お得

【学生必見】Amazon Prime Studentが超お得

Amazon Prime Studentは今なら6ヶ月無料で使える、学生向けの格安サービス!様々なジャンルのサービスをひとまとめの料金で利用可能です。月額たった250円でプライム会員とほぼ同等の特典が使えるサービスとなっています。仮に月に1度でもAmazonを利用する学生であれば、その配送料(400円)だけで150円もお得になります!

CTR IMG