YouTubeチャンネルはこちら!▶︎▶︎▶︎
【合格率UP!】塾講師バイトの面接突破攻略ガイド!

【合格率UP!】塾講師バイトの面接突破攻略ガイド!

まこさん

皆さんこんにちは!Z大学のまこさんです!

Z大学では、「就活・留学・学生ビジネスなど」主に大学では学べないことを発信しています!

  • 塾講師のバイトに応募したけど、面接ってどうすればいいの?
  • 塾講師のバイトの面接でよく聞かれることを知りたい!
  • 塾講師のバイトの面接に着ていく服装って

塾講師のバイトに応募したのはいいけど、

「面接って初めてだからよく分からない…」「どんなことを聞かれるの?」

とバイトの面接自体が初めてで、緊張する方もいると思います。

まこさん

僕が現在の塾講師のバイトを始める際、面接を受けた経験があります

そこで、その経験を踏まえて解説していきます!

本記事では、、、

  • 塾講師のバイトの面接から採用までの流れ
  • 塾講師のバイトの面接でよく聞かれること
  • 塾講師のバイトの面接で注意するべきこと

これらについて、体験談を交えて解説していくので、これから塾講師のバイトの面接があって、どうすればいいか困っている方は、ぜひ最後までご覧ください!

この記事を監修した人

まこさん

現役大学生で、塾講師のアルバイトを2年以上続けている。

塾講師のバイトの面接から採用までの流れ

そもそも、塾講師のバイトはどのような流れで採用までされるかかご存知でしょうか?

これから塾講師のアルバイトに応募する人は、まずは全体的な流れを知っておくといいでしょう。

そこで、面接への準備の前に、塾講師のバイトの面接から採用までの流れを紹介していきたいと思います。

塾講師のバイトの採用までの流れは以下のとおりです。

  1. 応募
  2. 面接
  3. 試験(※塾による)
  4. 採用

では、これらの流れについて解説していきます!

1.応募

まず、面接や採用の前にしなければならないこととして、塾のアルバイトに応募することです。

これは、どんなアルバイトを始める際にも必ずしなければいけません。

本記事をご覧になられている方は、もう応募はしている方が多いと思います

まだ、塾講師のアルバイトに応募していない人は、以下のサイトから求人を探してみるといいでしょう。

<塾講師バイトのおすすめの求人サイト>

  • 塾講師ナビ
  • 塾講師station
  • マイナビバイト

こちらの記事では、塾講師のバイトの探し方の他に塾講師のバイトについて色々と紹介しているので、お時間がある方はぜひ読んでください!

▶︎【コスパ高っ!】塾講師のバイトを2年した大学生が本音で実態を語る!

2.面接

バイトをしたい塾に応募をした後は、面接が行われます

ほとんどの塾で、面接は必ず行われます

それは、面接を行うことで、塾側はあなたの人柄などを見て塾講師のバイトを任せられるか判断するためです。

もし、履歴書を見て経歴は良くても、最低限の言葉遣いやコミュニケーションが出来ないとなると、塾講師のバイトをするには難しいため、それらを見極める手段として面接を行います。

まこさん

僕のいる塾でも、面接は必ず行っています!

面倒臭いと感じるかもしれませんが、面接は受ける側も塾の雰囲気や仕事内容など実際に知ることができる良い機会でもあります。

なので、知らない塾でバイトしようと思った時は、塾側も受ける側もお互い面接があった方が安心できると思います。

3.試験(※塾による)

次に、応募する塾にもよりますが、試験がある場合があります。

これは、応募者に対して本当に、生徒に勉強を教えることができるのかを測るために行われます。

まこさん

僕の塾では、試験がありませんでした!

楽かと思うかもしれませんが、その代わりブランクがあったのに、いきなり実戦で生徒に教えなくてはならなかったので、勉強を思い出すリハビリとしてあった方がいいです…

試験のために、勉強するのが面倒臭いと思いますが、内容としては自分の教える生徒に合わせたレベルと科目に設定されるので、自分に見合ったレベルにすれば難しくないと思います。

試験と聞くと重く捉えてしまいがちですが、これから生徒に教える内容の確認のようなものなので、ブランクがあって不安でしたら復習をしておけば大丈夫です!

4.採用

ここまでの流れで、塾側が塾講師のバイトを任せても大丈夫と思った人を採用します

他のバイトと、試験や面接で聞かれることなど多少異なるところがありますが、

流れ自体はあまり変わりません!

塾講師のバイトの面接でよく聞かれること6選

ここからは、皆さんが1番知りたがっていると思われる塾講師のバイトの面接でよく聞かれること紹介していきます

事前によく聞かれる質問を知っておくことで、面接を有利に進めれるので、必ず知っておきましょう!

まこさん

僕が実際に聞かれた質問も紹介します!

塾講師のバイトの面接でよく聞かれることは以下の6つです

  • Q1:自己紹介
  • Q2:志望理由
  • Q3:教えられる教科
  • Q4:シフトの希望
  • Q5:勤務開始日
  • Q6:通勤時間

これらについて回答例と体験談も交えて解説していきます!

Q1:自己紹介

まず面接で最初に聞かれるのは、自己紹介です。

大体どの面接でも、自己紹介というのは最初によく聞かれます!

面接を始める際に、「軽く自己紹介をお願いできますか?」と聞かれます。

ここでは、自分の現在までの学歴、所属大学、学年などを答えれば大丈夫です!

余裕があれば、希望する科目や生徒の学年なども含めて言えると、この後の質問にスムーズに移行出来るので良いと思います!

<回答例>

『〇〇大学〇〇学部〇〇学科の〇年〇〇〇〇(名前)です。高校は、〇〇高校でした。

大学では、主に〇〇を学んでいます。得意な科目は、〇〇です。よろしくお願いします。』

Q2:志望理由

先ほど紹介した自己紹介と同じくらいよく聞かれるのが、志望理由です。

塾側からしたら、「どうしてうちの塾を選んだのだろう?」という疑問があるので、よく聞かれます。

おそらく塾側も形式的に聞いている質問なので、あまり深く考えずに答えて良いと思います。

まこさん

ちなみに僕は「家から近くて、友人に誘われたので」と答えたら、塾長に笑われました

※あくまで、僕の場合なのでしっかり考えるに越したことないです!

<回答例>

教師を目指している方の場合

『私は、将来教師になることを目指しているので、こちらの塾で実際に生徒と触れ合い、指導経験を積みたいと思い応募いたしました。』

それ以外の方の場合

『今まで、私は勉強を教えられる生徒の立場しか経験したことがなかったので、今回こちらの塾で塾講師として誰かに勉強を教える立場になって、勉強で困っている子供たちの力になりたいと思ったからです。』

Q3:教えられる科目

塾講師のバイトをするにあたって、塾側が知るべきことの1つが、教えられる科目です。

これから、塾講師としてバイトをする際に、どの科目が得意でどのくらいのレベルで人に教えられるのかというのは、生徒の割り振りに関係してくるのでとても重要です。

そのため、この質問は必ず聞かれます

自己紹介のところでも少し触れましたが、得意な科目を先に言っておくと、この質問に繋がります。

なので、予め自分の出来そうな科目は決めておくといいでしょう!

まこさん

ちなみに僕は、高校の内容を人に上手く教えられる気がしなかったので、

「中学生以下なら、どの科目でも大丈夫です!」と答えました^^

<回答例>

『私は、現在〇〇を専攻しており、高校生時代も〇系(文系か理系)だったので、〇系の科目なら、全般教えることが出来ると思います。しかし、受験が終わってから多少のブランクが空いてしまって少し不安なので、最初は担当する生徒の学年を中学生以下からでお願いします。』

Q4:シフトの希望

ここまでの質問の後で、「この人なら塾講師のバイトを任せても大丈夫!」と認識されるとシフトの希望を聞かれます。

塾講師のバイトは、基本的に固定のシフトになっています

そのため、塾側は早めにでスケジュールを調節したり、個別指導塾なら担当の生徒を探したりしたいので面接の段階で聞いてきます。

まこさん

僕の場合は、大学の授業のない時間帯を伝えたら、塾側がそれに合わせた形でシフトを組んでくれました!

こちらの記事では、個別指導塾と集団塾の違い塾講師のバイトのシフトが固定な理由をご紹介しているので、ぜひ読んで見てください!

▶︎【コスパ高っ!】塾講師のバイトを2年した大学生が本音で実態を語る!

<回答例>

『大学の授業がない〇曜日の〇〇時以降と〇曜日の〇〇時以降なら入れます。』

Q5:勤務開始日

先ほど紹介したシフトの希望と同じタイミングで、聞かれるのが勤務開始日です。

これは、塾側もいつから希望したシフトで入ってくれるのかが分からないと、授業や担当の生徒を割り振れないので、シフトの希望と同時に聞かれます。

ここで、注意なのが即日や明日からなど早すぎるのはNGです。

中には、それで助かる塾もあるかもしれませんが、塾によっては新しい塾講師が増えることで、スケジュールの調整をしなくてはならなくなるので、1週間後ぐらいを目安に考えておくと良いと思います

もしくは、塾側に都合の良い日を聞いてみるのもありだと思います!

まこさん

ちなみに僕が現在、塾講師のバイトをしている塾で、勤務開始日を聞かれたときに「いつでも大丈夫です」と言ったら、「明日から来て!」と言われたのでめちゃくちゃ焦りましたw

<回答例>

『来週の〇月〇〇日からなら大丈夫です。もし、もう少し早くからでも大丈夫でしたら、そちらの希望の日にお任せします。』

Q6:通勤時間

最後に補足で聞かれるのが、通勤時間です。

通勤時間は、交通費が支給される塾の場合は費用を把握しておきたいため聞きます。

また、塾から近い人なら他の塾講師の方が急遽来れなくなった際に、代理を頼みたいということから聞かれます。

まこさん

僕は家から塾まで、近かったのでよく代理を頼まれています…

<回答例>

『自宅の最寄りが〇〇駅で、そこから塾の近くの〇〇駅まで〇〇分くらいです。』

塾講師のバイトの面接で注意するべきこと

ここまで、塾講師のバイトの面接でよく聞かれることを紹介してきました。

しかし、紹介した質問を答えるより前に、塾講師のバイトの面接で注意するべきことがあります!

注意するべきことは、以下の3つです。

  • 身だしなみを整える
  • 言葉遣いに気を付ける
  • 予定より早めに行く

これらに注意して面接を受けると良い印象を得られると思います。

では、これらの注意するべきことを解説していきます。

身だしなみを整える

まず、最初に注意するべきなのは身だしなみを整えることです。

髪色はなるべく黒で、ピアスなどのアクセサリー類は外して行った方がいいです。

また服装ですが、塾はスーツでの出勤を指定するところが多いので、だらしない格好で行くのはあまり良い印象は与えません。

そのため、持っているのであればスーツを着用して行くのが1番望ましいです。

まこさん

僕は、大学の入学式で着たスーツで行きました!

現在も同じスーツを着て塾講師のバイトをしています!

また、持っていない場合や手元に置いてない場合はあまり派手ではなく、落ち着いたオフィスカジュアルっぽい服装で行くと良いと思います。

結局就活の際には、スーツが必要になってくるので、持ってなかったり、手元に置いてない人は用意しておいた方がいいです!

こちらの記事では、好印象を与えるマナー7選を解説しているので、ぜひ読んでみてください!

▶︎シチュエーション別!OB訪問で好印象与えるマナー7選

言葉遣いに気を付ける

これは、もう言わなくても分かると思いますが、絶対に言葉遣いには気を付けましょう

まこさん

タメ口は絶対ダメです!論外です!

これから、生徒に勉強を教えようとしている人が、言葉遣いもまともに出来ないのは、普通にアウトです!

難しい敬語や言い回しが出来なくとも、最低限「〜です、〜ます」ぐらいの敬語で問題ないので、しっかり敬語で話しましょう!

予定より少し早めに行く

これから社会に出る時もそうですが、予定より早めに行くことも大切です

これは、準備をして待っている塾側からしたら時間ギリギリまで待たされたり遅刻されたりすると「この人は時間にルーズだけど、しっかり塾講師のバイト出来るのかな…」と不安に思われてしまします。

また、待つ準備をしていなかったり、先約の方がいるかもしれないので、早過ぎるのもいけません

そのため、10分前くらいに着くようにするといいでしょう。

まこさん

僕も10分前に着くようにして行きました!

早く行くのは、少し面倒だと思う方もいると思います。

しかし、予定より早く準備することで自分の準備し忘れていたことに気付いたり、時間に余裕が生まれるのである程度リラックスした状態で面接に挑めます

相手を待たせるのは、基本的に失礼なので友人との待ち合わせなども、今後は少し早く着くように心がけて習慣付けるといいと思います!

まとめ

本記事では、塾講師のバイトの面接における採用までの流れ・よく聞かれること・注意するべきことを解説してきました。

近日中に、塾講師のバイトの面接がある方は、本記事を読んで面接の対策に役立ててくださると幸いです!

もし、面接があるから塾講師のバイトに尻込みしている方は、僕が前回塾講師のバイトについて書いた記事を読んで、もう1度応募するか検討してみてはいかがでしょうか?

<まとめ>

  • 採用までの流れを把握しておく!
  • よく聞かれることに対して回答を用意しておく!
  • 最低限度のマナーを守って面接に挑む!

▼合わせて読みたい!

【学年別】大学生がやるべきこと18選!後悔のない・社会で活躍できる人材になる行動

まこさん

最後までご覧頂きありがとうございました!

YouTubeではさらに分かりやすい解説動画、Twitterでは更新情報を届けているので、チェックお願いします!

アルバイトカテゴリの最新記事