【10/31開催】無料!長期インターン祭! ▶︎▶︎▶︎
【例文あり】海外インターンの志望動機と目的の書き方

【例文あり】海外インターンの志望動機と目的の書き方

HikoPro

皆さんこんにちは!Z大学のHikoProです!

Z大学では、「就活・留学・学生ビジネスなど」主に大学では学べないことを発信しています!

  • 海外インターンシップに参加するのに志望動機って必要?
  • 志望動機の書き方や、目標設定のポイントが知りたい!
  • 実際に海外インターンで成果を出した人は、どんな目的を持っていたのか知りたい!

これから海外インターンシップに参加しようと思う大学生は、どんな目的で参加すればいいのか、志望動機をどう作ればいいのか悩まれると思います。

海外インターンシップに参加する前に、目的や志望動機を明確にしないと、有意義な時間を過ごすことはできません。

HikoPro

僕はバンコクの不動産に半年間と、 ベトナムのIT企業に3ヶ月間インターンシップを経験して、フリーランスに独立したり、就職活動を成功することができました!

それは紛れもなく、目的や志望動機を明確にしていたからです!

そこで本記事では、、、

  • 海外インターンシップで目的や志望動機を明確にするべき理由
  • 志望動機の書き方・ポイント
  • 海外インターン経験者の志望動機や目的をチラ見せ

これらについてご紹介するので、これから海外インターンシップに参加しようと思う大学生はぜひ最後までご覧ください!

この記事を監修した人

HikoPro|近畿大学4年|ITメガベンチャー内定者
Webクリエイター|YouTuber|ブロガー

バンコク不動産に半年間のインターンシップ、ベトナムのIT企業に3ヶ月間のインターンを経験し、大学人生を大きく変えた。

目的や志望動機を明確にするべき理由

そもそもなぜ、海外インターンシップに参加するのに目的や志望動機を明確にする必要があるのでしょうか。

「海外生活を満喫したい!」「お金をかけずに英語を学びたい!」このような目的をもって参加してもいいですが、しっかりと目的を明確にするようにしましょう。

目的や志望動機を明確にするべき理由は以下のとおりです。

  • 面接を突破するため
  • 滞在期間をより良い時間にするため
  • 就職活動で聞かれるため

これらの理由について詳しく解説します。

理由1:面接を突破するため

まず志望動機や目的を明確にする理由として、海外インターンシップに参加するための面接に突破するためです。

海外インターンシップに参加するためには、受け入れ先の企業の社員さんと面接をして、志望動機や、自分の強みなどを話して、合格する必要があります。

HikoPro

海外インターンシップの面接は基本的にオンラインで行われます!

その時に、「海外生活を満喫したい!」「お金をかけずに英語を学びたい!」と言ってしまうと、ほぼ確実に面接に落ちてしまいます。

面接を突破するためには、将来のビジョンを明確にしたり、海外インターンシップでどんなことを学びたいのかを明確にして、上手に伝える必要があります。

理由2:滞在期間をより良い時間にするため

二つ目の理由として、海外インターンシップの滞在期間をより良い時間にするためです。

目的もなしに海外インターンシップに参加すると、仕事を適当にこなして、暇な時間にダラダラYouTubeを見たり、生産性のない時間を過ごしてしまいます。

目的をしっかりと持っていれば、その目的に向けて自分で試行錯誤して行動することができるので、非常に有意義な時間を過ごせます。

HikoPro

海外インターンシップに参加する目的は一つでなくても大丈夫です!

僕の場合だと、英語でビジネスができるようになる、観光地に行って写真を撮る、現地で彼女を作るなど、さまざまな目的を持っていたので、常に暇な時間はありませんでした!

おすすめは、滞在中にやりたいこと100選などのリストを作って、それを達成するために日々時間を過ごすと良いでしょう。

理由3:就職活動で聞かれるため

志望動機や目的を明確にする最後の理由として、就職活動の時に聞かれるためです。

海外インターンシップに参加した大学生の多くは、その経験を就職活動の時に活かしたいと思うでしょう。

就職活動の時には必ず、「なぜ海外インターンシップに参加したのか」「どんな目的や目標があって、それをどう達成したのか」など聞かれます。

HikoPro

僕自身も就職活動の時は、海外インターンシップの経験をネタに挑みました!

目的を聞かれた時は「グローバルで0→1を作れる人材になりたかったからです!」と答えました!

また、海外インターンシップでのエピソードを聞かれる場合があるので、日記やブログなどにまとめておくと良いでしょう!

僕自身も海外インターンシップの経験をブログに書いおり、どんな内容かは下記の記事をご覧ください!

▶︎バンコク不動産インターン6ヶ月間で学んだ事・成し遂げた事
▶︎【体験談】ベトナムのIT企業インターンで学んだ事・成し遂げた事

海外インターンシップの志望動機の書き方・ポイント

海外インターンシップに参加するのに志望動機や目的を明確にする重要さが分かったところで、志望動機の書き方やポイントを解説します。

この手順に沿って志望動機を書けば、非常に良い志望動機ができると思います!

<志望動機の書き方>

  1. 帰国後にどうなっていたいかイメージする
  2. 理想像に必要な要素をリストアップする
  3. 海外インターンでしかできないことに絞る
  4. 企業のいい点と、必要な要素を照らし合わせる

これらの手順やポイントについて詳しく解説します。

1.帰国後にどうなっていたいかイメージする

まずはじめに、海外インターンシップに参加して日本に帰国した後に、どんな自分になっていたいかイメージをしましょう。

まず最終的なゴールを明確にすることで、海外インターンシップでの小さな目標設定ができるようになります。

この理想像を描くときは、到達できそうにないくらいのイメージをすることが大切です!

HikoPro

僕がインターンシップに参加する前に想像していたイメージは、帰国後に世界どこでも仕事ができる状態になっておくことでした!

結果的にその理想像は達成できて、パソコン一つで世界中どこへも仕事ができるようになりました!

帰国後のイメージを明確にすることで、どの国に行くべきか、どの企業に勤めるべきか、滞在先でどんなことをするべきかなど、具体的にやることが明確になります。

2.理想像に必要な要素をリストアップする

海外インターンシップが終わった後の理想像が明確にできたら、その理想像に達成するまでに必要な要素をリストアップしていきましょう。

大きな目標は立てたが、それを実際に行動に移せないと意味がないので、海外インターンシップ先で行動ができるぐらいまで落とし込みましょう。

HikoPro

例えば僕の理想像である「世界どこでも仕事ができる状態になる」という理想像に必要な要素は、 ITスキルを身につける、ネット上での信頼を構築する、 B to B のビジネスを経験する、日常会話程度の英語スキルを身につけるなどが必要でした!

このようにリストアップしていけば、具体的にどんな行動をすれば理想像に近づくのかが明確になるので、着実にゴールに近づきます。

3.海外インターンでしかできないことに絞る

理想像に必要な要素をリストアップしたら、海外インターンシップでしかできないことに絞りましょう。

例えば日常会話程度の英語スキルを身につけるという要素があったとしたら、それは国内でも達成できるので優先度は低いです。

英語でビジネス経験を積むという要素は、海外インターンでしかできないことなので優先度は高いです。

海外インターンシップ中に、英語を勉強したり、読書をしたりするのもいいですが、現地でしかできないことを優先度高くすることで、貴重な体験ができます。

HikoPro

僕自身も時間がある時は、自宅で英語を勉強したりせずに、外に出て写真を撮りに行ったり、飲食店を巡ったりして、それをブログに書いていました!

4.企業のいい点と、必要な要素を照らし合わせる

最後に企業の良い点と、必要な要素を照らし合わせて志望動機を書いていきます。

受け入れ先はどのようなポイントを見ているかと言うと、 しっかりと企業と学生がマッチしているかどうかです。

なので企業の良い点を述べて、それが自分に必要であることを伝えることで、 企業側にマッチしていることを伝えれます。

HikoPro

僕がバンコクの不動産でインターンシップをした時は、 不動産は社長や投資家など普通に学生をしていたら出会えない人と出会えると言ういい点に対して、 自分は将来起業したいということを照らし合わせて志望動機にしました!

【例文あり】海外インターン経験者の目的と志望動機

最後に実際に海外インターンシップを経験した大学生の体験談を元に、目的と志望動機の例文をご紹介します。

近畿大学3年生の体験談

HikoPro

■海外インターンシップに参加した目的

グローバルで0→1を生み出せる人材になって、世界どこでも働けるようになる

■ベトナムのIT企業を志望した動機

世界中どこでも働けるようになるには、プログラミングや、 Web 関連のスキルが必要だと感じました。そこで主にB to Bでアプリ開発や、 Web 制作を行っている企業を志望しました。

ベトナムを選んだ理由としては、まだ行ったことがない国だったのと、オフショア開発が盛んで、 実際にどんな感じなんだろうという興味から志望しました。

南山大学3年生の体験談

ナイキ

■海外インターンシップに参加した目的

東南アジアと日本を繋ぐ架け橋となる
社会にも通用するような営業力を身につける

■ベトナムの人材企業を志望した動機

東南アジア・人材・営業の3つの軸でインターンシップ先を探して1番当てはまったからです。ベトナムに渡航する、1年前に行ったタイの広告代理店での営業インターンシップで、何も結果が出ず、悔しい思いをしました。

その経験から、もう1度、長期で東南アジアでの営業インターンシップして、社会にも通用する営業力を身につけたいと考えました。また、人材業界に関しては、日本で短期インターンシップをする中で、人と人を繋ぐ面に魅力を感じ、大好きな東南アジアと日本を繋ぐ仕事を体感してみたいと感じた為です。

まとめ

本記事では、海外インターンシップに参加する前にするべき、目的設定と志望動機について解説をしました!

ぜひ、志望動機や目的の解像度を上げて、より有意義な時間を過ごしてください!

<まとめ>

  • 海外インターンシップには面接があるので志望動機が必要
  • 帰国後にどうなっていたいかイメージする
  • 海外インターンでしかできないことを優先する
HikoPro

最後までご覧頂きありがとうございました!

YouTubeではさらに分かりやすい解説動画、Twitterでは更新情報を届けているので、チェックお願いします!

海外インターンカテゴリの最新記事