インターン面接に落ちないためにすべきこと【落ちてしまう人必見】

インターン面接に落ちないためにすべきこと【落ちてしまう人必見】

Z大学 キャラクター
インターンの面接に受かるコツを知りたい!
Z大学 キャラクター
インターン面接に落ちないようにすべきことを知りたい!

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

インターン面接を受ける時、「落ちたらどうしよう」と不安になることありますよね。

また、インターン面接に落ちないように事前にやるべきことを知りたいと思っている方もいると思います。

そこで、本記事ではインターン面接に落ちないためにすべき事前準備や落ちてしまった時の対処法を解説していきます。

この記事の結論は以下の通りです。

  • インターン面接に落ちないためには準備をしっかりと行う
  • インターン面接に落ちた時は自己分析と企業研究をやり込む
  • インターン面接に受かる人の特徴を把握する

インターン面接で落ちたくないけど、まだ不安がある方はぜひ最後までご覧ください。

さりな
サリナ

本記事の監修者

大学名:愛知の大学4年生

名前: サリナ

法学部に所属

ウガンダでインターン経験あり

インターンや就活の面接を受けた経験が多数あり!

それでは早速見ていきましょう。

  • Amazon Prime Student:今なら6ヶ月無料で使える学生向けの格安サービス!映画・音楽・読書・お急ぎ便が月額たったの250円
  • 楽天カード:年会費永年無料!学生でも作れるおすすめクレジットカード。今なら楽天カード新規入会&利用で5000ポイントプレゼント!
  • U-NEXT:200,000本以上の映画が⾒放題で断トツのNo.1!最新レンタル作品も充実。まずは31日間無料トライアル!

インターン面接に落ちる人の特徴6選

インターン面接に落ちる人の特徴6選

受かりたい!ここでインターンしたい!という思いで、インターン面接を受けたのになんで落ちてしまったんだろうと思う人もいるでしょう。

インターン面接に落ちる人には、落ちてしまう特徴がいくつかあります。

その特徴を知っていると、落ちるポイントを事前に防ぐことができます。

そこで、インターン面接に落ちる人の特徴を以下の項目で紹介します。

  1. 基本的な常識がない人
  2. 志望動機が曖昧な人
  3. 求める人物像に合致しない人
  4. 質問に対する受け答えができていない人
  5. 自信のなさが態度に表れている人
  6. 逆質問をしない人

なぜ、上記のような特徴の人が落ちてしまうのかということを理解して、落ちないように準備をしましょう。

それでは、順に紹介していきます。

基本的な常識がない人

1つ目の特徴は、入退出時の挨拶ができていなかったり、身だしなみが整っていなかったりと基本的な常識を守れていない人です。

社会人としての最低限の当たり前ができていないとそれだけでマイナスな印象を与えてしまいます。

また、インターンの面接は受付時から見られているので、基本的な常識が守れていないと第一印象で評価が下がり、落ちることに繋がります。

さりな
サリナ
面接は緊張すると思いますが、特に挨拶での言葉遣いには気を付けてください!

社内に入った瞬間から出るまで評価されているという意識を持ち、社会人として恥ずかしくない行動を取りましょう!

志望動機が曖昧な人

2つ目の特徴は、志望動機に熱意を感じられなかったり、目的が曖昧だったりする人です。

志望動機は面接官が一番重視している内容です。

そのため、説得力にかける志望動機の人は落ちてしまいます。

なので、志望したきっかけだけでなく、インターンで何を学びたいのか、それをどのように活かしたいのかを伝えましょう。

さりな
サリナ
インターンへの意欲や熱意を伝えるためには、学びたいこと・得たいことを具体的に話すようにしましょう!

インターンの志望動機が固まっていない方は、事前に準備しておくことをおすすめします。

【簡単】インターン選考に受かる志望動機の書き方【例文あり】」では、インターン選考に受かる志望動機の書き方を詳しく解説しているので、よろしければご覧ください。

関連記事

インターンシップ選考の志望動機に何を書けばいいのか分からない文字数別のインターンシップ選考の志望動機例文を見たい志望動機を書く時のコツや注意点を知りたいサリナ皆さんこんにちは!Z大[…]

求める人物像に合致しない人

3つ目の特徴は、性格や考え方が企業の求める人物像とかけ離れている人です。

企業は労力を割いて学生の採用のためにインターンを行っています。

そして、企業は自社の社風や考え方に合った学生に参加してもらいたいと思っています。

そのため、求める人物像とあまりにも合致しない人は落ちる可能性があります。

さりな
サリナ
学生が企業の求める人物像から離れている話をすると企業研究をしていなかったり、興味がなかったりするのかなと思われてしまうので注意しましょう!

インターン面接では、企業の求める人物像に完全に合わせる必要はないですが、企業の考え方を踏まえた上でエピソードを話すことが大切です。

質問に対する受け答えができていない人

4つ目は、質問されたことに対して求められている受け答えができていない人です。

面接官は学生が話す内容だけではなくコミュニケーション力を見ています。

面接はただ話せればいいという一方通行の会話をする場ではないので、質問に対して適切な回答が返ってこないとコミュニケーション力に欠けているという印象を与えてしまいます。

さりな
サリナ
質問に答える時は頭の中で整理してから話し出すようにし、必ず結論から伝えましょう!

インターン面接で落ちないためには、質問の意図を理解したうえで面接官が求める答えを簡潔にまとめて伝えることが大切です。

自信のなさが態度に表れている人

5つ目は、表情や声のトーンに自信のなさが表れている人です。

面接官は、インターンに対する意欲を話し方や態度からも見ています。

そのため、どれだけ志望動機がしっかりしていても、声が小さくて聞き取りづらかったり、おどおどしている態度が目立ったりするとそれだけでネガティブな印象になってしまいます。

さりな
サリナ
私が第一印象となる挨拶する時は、明るい表情で面接官の目を見て話すことを気をつけていました!

インターン面接では、志望動機や学生時代の経験よりも話している時の表情や態度が重要です。

なので、インターン面接で落ちないよう明るい表情と声で自信を持って面接に臨みましょう。

逆質問をしない人

6つ目は、インターン面接の最後に逆質問をしない人です。

面接官は、逆質問の時間で学生の自社に対する理解度やインターンに対する関心を見ています。

なので、逆質問をしない人は自社に興味がなかったり、学びたい意欲がなかったりするなどのマイナスな印象を与えてしまいます。

とは言っても、何でも逆質問すれば良いわけではありません。

インターン内容に対する疑問点やインターンまでに準備すべきことなどを聞きましょう。

さりな
サリナ
企業のサイトを見れば分かることを逆質問すると、企業研究をしていないと思われていまうので、気をつけてください!

逆質問も大事なコミュニケーションスキルの1つなので、インターンの面接では必ず逆質問をしましょう。

【質問例あり】インターン面接の逆質問を徹底解説!Q&Aもご紹介!」では、インターン面接の逆質問を質問例も用いて詳しく解説しているので、よろしければご覧ください。

関連記事

インターン面接の逆質問ってどんな質問をすべき?NGな逆質問ってあるの?インターン面接の逆質問で何を見られているの?サリナ皆さんこんにちは!Z大学のサリナです!Z大学では、「就活[…]

インターン面接に落ちないためにするべき事前準備

インターン面接に落ちないためにするべき事前準備

インターン面接に落ちないようにやっておくべきことってなんだろうと思う人も多いでしょう。

インターン面接前に取り組んでおくべきことが分かると自信を持ってインターン面接に臨むことができます。

そこで、ここからはインターン面接に落ちないためにするべき事前準備について以下の内容で解説していきます。

  1. 自己分析を徹底する
  2. 企業研究を念入りにする
  3. インターンの参加目的を明確にする

インターン面接を受けるのに不安なことがある方はぜひ参考にしてみてください。

それでは、順に解説します。

自己分析を徹底する

まずは、自分のことを面接官にしっかり伝えるためにも自己分析を徹底しましょう。

自己分析を疎かにしているとインターン面接で質問されたことに対して的確に答えらないことがあります。

自己分析を行い、自分がどのような人間なのかを理解することで、企業の求める人物像に合っているかが分かります。

さりな
サリナ
自己分析をすることで、インターンで学びたいことや得たいこともはっきりしますよ!

インターン面接で落ちないためには、自己分析を徹底し、自分の特徴をきちんと知ることをおすすめします。

企業研究を念入りにする

次に、インターン面接を受ける企業の企業研究を念入りにしましょう。

企業の事業内容や経営理念などを理解できていないと、企業に関する質問をされた時に答えられません。

また、なぜ自社のインターンなのかと聞かれた時に他者との比較ができないと説得力に欠けてしまいます。

さりな
サリナ
インターン先の企業だけでなく業界への理解も必要なので、業界研究も行って基礎知識を身につけてから面接に臨みましょう!

インターン面接に落ちないためには、業界・企業研究を行い、業務に対する質問をされた時に自信を持って答えられるようにすることをおすすめします。

インターンの参加目的を明確にする

最後に、インターンに参加する目的を明確にしましょう。

インターン面接では、なぜ自社のインターンに参加したいのかを聞かれます。

周りが参加しているから、なんとなく興味を持ったからといった曖昧な理由では意欲がないと思われてしまいます。

また、インターンへの参加目的を伝えられないと受動的な人だという印象にも繋がります。

さりな
サリナ
どのようなスキルを身に着けたいのか、何を知りたいのかを具体的に話せるようにしておきましょう。

インターン面接で落ちないために、インターンへの参加目的を明確にし、具体的な内容を話せるようにすることをおすすめします。

インターンシップに目的を持って参加するメリットは?【書き方例文あり】」では、インターンに目的を持つメリットや書き方を詳しく解説しているので、よろしければご覧ください。

関連記事

インターンに参加する目的・メリットは?ESでの目的の書き方を知りたい!インターンでは目的がないと内定が出ない?佐久間皆さんこんにちは!Z大学の佐久間です!Z大学では、「就活・留[…]

インターン面接に落ちてしまった後にやるべき3つのこと

インターン面接に落ちてしまった後にやるべき3つのこと

インターン面接前の事前準備について解説しましたがインターン面接に落ちてしまった場合はどうしたらいいのと思っている人もいるでしょう。

インターン面接に落ちてしまった時にするべきことが分かると、次のインターン面接に活かすことができます。

そこで、インターン面接に落ちてしまった後にやるべきことを以下の項目で解説します。

  1. 自己分析をやり直す
  2. 業界・企業研究をやり直す
  3. 他の企業のインターンを受ける

インターン面接に落ちてしまって、次に何をすべきか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

では、順に解説していきます。

自己分析をやり直す

まず第一に、自己分析をもう一度やることをおすすめします。

インターン面接に落ちてしまった理由は、質問に上手く答えられなかったか、企業が求める人物像に合っていなかったということが多いです。

自分がどのような人間で、これまでどんな考えで何をしてきたのかをしっかり理解することが質問に対して的確に答えることに繋がります。

なので、面接官の質問に答える中で、曖昧だった部分や自信のなかった部分を分析し直しましょう。

さりな
サリナ
自己分析を何度もやることで、本当の自分が見えてきますよ!

インターン面接に落ちてしまった時は、まず自己分析をやり直し、自分をより深く理解しましょう。

業界・企業研究をやり直す

次に、インターン面接を受けた業界・企業の研究をやり直すことをおすすめします。

インターンの参加目的を聞かれたり、インターンで学びたいことを聞かれたりした時に、具体的に答えられなかったことが原因でインターン面接に落ちることが多いです。

なので、業界・企業研究をやり直して、企業の事業や他者との違いなどをより理解しましょう。

さりな
サリナ
業界・企業研究をやり直すことで、自分が学びたいことが分かって他の企業に興味が湧くこともありますよ!

インターン面接に落ちた後は、インターンの参加目的をより明確にするために業界・企業研究をやり直しましょう。

他の企業のインターンを受ける

最後に、自己分析と業界・企業研究をやり直したら、他の企業のインターンを受けることをおすすめします。

自己分析と業界・企業研究をやり直すことで、インターンへの参加目的が具体的になり、インターンに参加したい企業が新たに出てくると思います。

さりな
サリナ
以前のインターン面接でどんな内容を話したか、どんな態度で面接を受けたかを思い出し、できていなかったことを克服していけば、通過率が上がっていきますよ!

落ちてしまったインターン面接の経験を活かして、次のインターン面接に自信を持って挑戦しましょう。

インターン面接に受かる人の特徴5選【いつも落ちる人必見】

インターン面接に受かる人の特徴5選【いつも落ちる人必見】

インターン面接に落ちないようにすべきことは理解できたけれどいったいインターン面接に受かる人ってどんな人なのと思っている人もいるでしょう。

インターン面接に受かる人がどのような人かが分かると、事前準備がしやすくなります。

そこで、インターン面接に受かる人の特徴を以下の内容でご紹介していきます。

  1. インターンの参加目的が明確な人
  2. 企業研究をきちんとしている人
  3. 主体的に行動した経験がある人
  4. 自己アピールが上手い人
  5. 素直で前向きな人

インターン面接に受かりたいと思っている人は、自分と照らし合わせてみてください。

インターンの参加目的が明確な人

1つ目の特徴は、インターンに参加する目的が明確な人です。

企業はなぜ自社のインターン応募してくれたのか、どんな目的で参加したいのかを知りたいと思っています。

なので、企業の方に学びたいことや身に着けたいことを具体的な内容で伝えられると良いです。

さりな
サリナ
インターンの参加目的がはっきりしていると、その分意欲や熱意も感じられますよね!

インターン面接に落ちてしまう人は、インターンの参加目的を話せられるようにしてから面接に臨んでください。

企業研究をきちんとしている人

2つ目の特徴は、事前にインターン面接を受ける企業の企業研究をきちんとしている人です。

自社の事業内容やビジョンなどに関することを聞かれた時に答えられないと「企業研究を怠っているな、自社に興味がないのかな」と思われてしまい、落ちることに繋がります。

そのため、インターン面接の前には企業研究をして企業の特徴を理解しておきましょう。

さりな
サリナ
同業他社との比較ができるように、業界や他者の研究もできているとなおいいです!

インターン面接に落ちてしまう人は、事前の企業研究を今までよりも念入りにすることをおすすめします。

主体的に行動した経験がある人

3つ目の特徴は、学生時代に主体的に行動した経験がある人です。

企業は求める人物像に合っているかを判断する時に、学生がこれまで経験してきたことを聞きます。

そして、主体的に行動をしてきた経験のある学生だとインターンでも主体的に行動をしてくれるのではないかと企業から思ってもらえ、評価が高くなります!

さりな
サリナ
どのようなポジションで何をしてきたかを伝え、困難な場面の時にどう対処したかも話せるといいですよ!

インターン面接で落ちてしまう人は、主体的に行動した経験を具体的に話せるように準備しておくことをおすすめします。

自己アピールが上手い人

4つ目の特徴は、企業が求める人物像に合うような上手い自己アピールができる人です。

面接官は、短い面接時間で自社のインターンプログラムに合う人かを見極めています。

なので、企業が求める人物像に沿ったエピソードを選んで、自分をアピールをしましょう。

さりな
サリナ
自分の考えと企業の考えがマッチしていることや大変な状況でどう動けるかを話せるといいです!

インターン面接で落ちる人は、上手い自己アピールができるように企業が求める人物像に合った話を用意しておいてください。

【簡単】インターンシップの自己PRを書く時のポイント【例文付き】」では、インターンの自己PRを書くときのポイントや例文を紹介しているので、よろしければご覧ください。

関連記事

インターン選考の自己PRに何を書けばいいか分からない文字数別にインターン選考の自己PRの例文が見たいインターン選考の自己PRを書く時のポイントが知りたいサリナ皆さんこんにちは!Z大[…]

素直で前向きな人

5つ目の特徴は、素直で前向きな人です。

企業は当たり前なことですがインターンで活躍してくれる学生を採用したいと思っています。

なので、指摘されたことを直せる人や教えたことを吸収してくれる素直な人を求めています。

また、何かトラブルが起きたり、困難な壁にぶちあたったりした時でも、ポジティブな姿勢でインターンに参加してくれる人が理想的な学生です。

さりな
サリナ
素直な人は伸びしろがある人だという風にも見られますよ!

インターン面接で落ちる人は、素直で前向きな姿勢で面接に臨むことをおすすめします。

インターン面接に落ちた場合の本選考への影響

インターン面接に落ちた場合の本選考への影響

インターン面接に落ちた時に本選考に影響はあるのかなと不安になりますよね。

なので、ここからはインターン面接に落ちた場合の本選考への影響について以下の項目で解説していきます。

  1. 本選考に影響がある場合
  2. 本選考に影響がない場合

それでは、順に解説します。

本選考に影響がある場合

まずは、インターン面接に落ちたことが本選考に影響する場合です。

インターンの選考と本選考は基本的には違うものです。

しかし、以下の場合には本選考に影響することがあります。

  • インターンに参加しないと本選考が受けられない場合
  • インターン選考の面接官と本選考の面接官が同じ場合

本選考の応募条件にインターン参加必須がない限り、大きな影響はありません。

ただ、インターン選考と本選考の面接官が同じだった場合には、以前の印象が残っているかもしれないので、落ちた原因を克服しておく必要があります。

さりな
サリナ
インターン選考に落ちた企業の本選考を受ける時には、落ちた理由を改善してから臨めるといいですね!

インターン面接に落ちた場合、インターンに参加していないと本選考に進めない企業もあるので、気を付けましょう。

本選考に影響がない場合

続いて、インターン面接に落ちたことが本選考に影響がない場合です。

インターンの選考と本選考は違うものなので、インターンに参加していなくも本選考を受けられる場合は影響がありません。

インターンの採用人数は本選考の採用人数よりも少ないため、人気な企業のインターンは激戦です。

そのため、企業はインターンに参加していない人も本選考にエントリーしてほしいと考えています。

なので、インターン面接で落ちた経験を本選考に活かせるように、なぜ落ちたのかを理解しておきましょう。

さりな
サリナ
インターン面接に落ちたからといって本選考のエントリーを諦めるのはもったいないですね!

インターン面接に落ちた場合、インターン不参加でも本選考を受けられる企業であれば本選考への影響はないので、諦めずチャレンジすることをおすすめします。

まとめ:インターン面接に落ちないように事前に準備をしておこう!

インターン面接に落ちないように事前に準備をしておこう!

本記事では、インターン面接に落ちる人の特徴や落ちないためにやるべきことを解説してきました。

以下が今回の重要な内容をまとめたものです。

  • インターン面接に落ちないためには準備を怠らない
  • インターン面接に落ちた時は自己分析と企業研究をやり直す
  • インターン面接に受かる人の特徴を理解する

インターン面接に落ちないためにすべきことが理解できたと思います。

インターン面接に落ちないためには、事前準備がなによりも重要です。

そのため、インターン面接に受かる人の特徴をしっかりと押さえて、事前準備を念入りに行いましょう。

インターン面接が落ちてしまった人や不安な人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

さりな
サリナ

最後までご覧いただきありがとうございました!YouTubeではさらに分かりやすい解説動画、Twitterでは更新情報を届けているので、チェックお願いします!

他の記事でもインターン面接に関する記事を解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

関連記事

インターンの面接はどんな質問が来るの?インターンの面接マナーが知りたい!インターンの面接の雰囲気が知りたい!今回はこういった疑問にお答えしていきます。インターンにいざ参加しようとすると、面接と[…]

インターンの面接でおさえておくべきこととは?質問・回答例もご紹介
インターン面接に落ちないためにすべきこと【落ちてしまう人必見】
最新情報をチェックしよう!
>【学生必見】Amazon Prime Studentが超お得

【学生必見】Amazon Prime Studentが超お得

Amazon Prime Studentは今なら6ヶ月無料で使える、学生向けの格安サービス!様々なジャンルのサービスをひとまとめの料金で利用可能です。月額たった250円でプライム会員とほぼ同等の特典が使えるサービスとなっています。仮に月に1度でもAmazonを利用する学生であれば、その配送料(400円)だけで150円もお得になります!

CTR IMG