YouTubeチャンネルはこちら!▶︎▶︎▶︎
PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー
【大学2年生向け】インターンシップに参加するメリット3選!注意点も解説

【大学2年生向け】インターンシップに参加するメリット3選!注意点も解説

  • インターンシップを2年生でもできるのか知りたい
  • インターンシップのメリットって何?
  • インターンシップの注意点とは?

2年生になるとインターンシップで働いている友達も少しずつ増えてくるけど、インターンシップってどんなものか分からなくて不安になりますよね。

そこで、本記事では2年生がインターンシップを行うメリットやおすすめの探し方についてご紹介していきます。

ヤス

インターンシップについて事前に調べていたおかげで興味のある業界で働くことが出来ました!

インターンシップについて事前に調べていたおかげで興味のある業界で働くことが出来ました!

  • 2年生でもインターンシップに参加できるか?
  • 2年生がインターンシップに参加するメリット3選
  • 2年生がインターンシップで気を付けるべき3つのこと
  • 2年生がインターンシップを探すおすすめな方法

これらについて詳しく解説していくので、インターンについてもっと詳しく知りたい学生は是非、最後までご覧ください。

この記事を監修した人

ヤス


現在ITベンチャー企業で長期インターン中

2年生の時から長期インターンを開始し、人材、教育、IT含め3社の経験あり

2年生でもインターンシップに参加できるか?

2年生の時からインターンシップに興味を持ったは良いけど、実際インターンに参加できるか心配ですよね。

結論、2年生でもインターンシップに参加できます。

ただし、インターンシップの種類や時期によっては2年生だと参加できない場合もあります。

そこで、項目別で2年生でも参加できるのかどうか解説していきます。

  • 長期インターンの場合
  • 短期インターンの場合
  • 夏休みの場合
  • 春休みの場合

インターンに参加してみたい学生はこれらの項目を是非、参考にしてみてください。

長期インターンの場合

長期インターンシップは2年生からでも参加できます。

なぜなら、2年生は大学にも慣れ始めた頃であり、3、4年生に比べて時間的余裕があるからです。また、長期インターンを募集している企業は長い間働いてくれる人材を欲しているため、時間的余裕のある2年生を求めています。

ヤス

長期インターンサイトのDRIVEインターンでは、1.2年生が募集対象の長期インターンシップがたくさん掲載されています。

2年生でインターンシップ を探している学生は長期インターンシップから探すことをおすすめします!

「【大学生必見】長期インターンまとめ!特徴・メリット・選び方を語ります」では、長期インターンの参加方法をまとめているので、よければご覧ください。

短期インターンの場合

2年生から短期インターンシップに参加することは難しいです。

多くの企業が就活の時期になると短期インターンシップを開催しますが、3、4年生を対象としたイベントがほとんどです。

なぜなら、短期インターンシップは、企業側はより良い就活生の確保、就活生からしたら業界や企業についてより理解を深める場として考えられているからです。

ヤス

稀に2年生からでも短期インターンに参加可能な場合がありますが、より業界や企業のことを知りたい、実際の仕事を体験したいのであれば長期インターンの参加をおすすめします!

2年生から短期インターンシップに参加することは難しいので、長期インターンシップの参加を検討してみてください。

夏休みの場合

2年生の夏休みからインターンシップに参加することは難しいです。

新卒採用を行なっている企業はサマーインターンを開催しており、長期インターンの募集を減らしているケースが多いからです。

しかし、新卒採用を行なっていないようなベンチャー企業であれば長期インターンを募集している可能性は十分あります。

また、夏休みは海外インターンの募集もあり、大学が全くない夏休みを有効活用して海外で働くことは非常に良い経験になります。

ヤス

私の友達も夏休みを利用して東南アジアでインターンをしていました。

とは言っても、3年生まで時間があり、大学生活も1年が過ぎるので、なんのインターンシップでもいいのでとりあえず参加するのがおすすめです。

2年生の夏休みからインターンシップに参加することは難しいですが、どんなインターンシップでも良いので参加して、働く経験を得ましょう!

また、どんなインターンでもよければ、OfferBoxを使って探すのはおすすめです。

Offerboxは逆スカウト型のサイトとなっており、自身の経歴などを登録していれば、企業側からインターンシップの誘いが来る事があります。

なので、とにかくインターンシップを経験してみたい学生は、Offerboxに登録してみてください!

▶︎Offerboxの詳細はこちらから

春休みの場合

2年生の春休みからインターンに参加することは難しいです。

春休みの時期から新卒の本選考が徐々に始まっていき、企業としても2年生を対象としたインターンの募集が難しくなっているからです。

一方で、春休みの時期には夏休み同様に海外インターンの募集が多くあるため様々な価値観を持った人と働きたい学生にはおすすめです。

ヤス

Z大学の代表であるナイキも海外インターンなら2年生の春休みに行けていました!

種類に迷ったら、3年生に上がる前なので、より就活活動に活かせるインターンの方がいいですね。

2年生の春休みにインターンに参加するのは難しいですが、海外インターンなど就職活動に活かせるインターンを選びましょう!

「【大学生の特権】海外インターンシップとは・メリット・参加方法まとめ【2021年版】」では、海外インターンの参加方法やメリットなどについて網羅的に解説しているので気になる人はぜひご覧ください!

2年生がインターンシップに参加するメリット3選

2年生でもインターンシップに参加できることはわかったと思いますが、

2年生がインターンシップに参加するとどんなメリットがあるか分からないですよね。

メリットがわかるとインターンシップ参加のモチベーションにつながると思います。

ここからは、以下の2年生がインターンシップに参加するメリットを3つほど解説していきます。

  • 就活を有利に進めれる
  • 将来のビジョンが明確になる
  • スキルを身につけながらお金を稼ぐことができる

2年生がインターンシップに参加することのメリットを理解した上で、是非インターンシップに申し込んでみましょう!

就活を有利に進めれる

2年生がインターンシップに参加することの1つ目のメリットは就活を有利に進めることです。

2年生までにインターンを通して企業で働く経験がある学生は少ないですそのため、インターンの経験は他の学生に比べて差別化を図ることが出来ます。また、実際の業務を経験できるため、企業や業界の知識を身につけれます。

ヤス

私がインターンを通して学んだ経験は就職活動で非常に役に立ちました。

インターンをしていなくても、就職活動を有利にできますが、企業からすると2年生の頃から実務経験をしているという実績に加えて、意識の高さも評価されるので、しておいて損はないです。

就活を有利に進めたい学生はインターンシップに参加することをおすすめします。

そして、特に長期インターンをしていると就活に有利です。

「【体験談】長期インターンが就職活動に有利になる理由を徹底解剖」では、長期インターンが就活に有利な理由を解説しています。

将来のビジョンが明確になる

2年生がインターンシップに参加することの2つ目のメリットは将来のビジョンが明確になるです。

実際の業務や社会人の方と接することで自分自身のやりたいことや将来の目標が明確になります。社会人になってからだと簡単に会社を変えることは難しいため、大学生の時から様々なインターンを通して、将来のビジョンについて明確にしておくことがおすすめです。

ヤス

私は大学生の内に異なる業界のインターンを経験したおかげで将来のやりたいことが明確になりました!

将来について少しでも不安がある学生は是非インターンシップの参加を考えてみてくださいね。

スキルを身につけながらお金を稼ぐことができる

2年生がインターンシップに参加すると、スキルを身につけながらお金を稼ぐことができるのがメリットとして挙げられます。

企業のほとんどがインターン生を企業の一戦力として考えているため、大学生でもお金を貰いながら社会に出ていく上で活躍できるスキルを養うことが出来ます。

また、スキルといっても専門的なスキルであるデザインやプログラミングから対人関係を良好に築いていくといった営業スキルなど幅広くあり、給与も専門的なスキルだとバイトより高くなります。

そこで、前もってどんなスキル習得したいのかをじっくりと考えた上でインターンに参加することをおすすめします!

ヤス

お金を稼ぐためだけに行っていたアルバイトとは異なり、辛いこともたくさんありましたが、その分やりがいを感じたし、成長している実感がありました!

スキルを身につけながらお金も稼ぐ経験をしたい学生は是非インターンシップの参加を検討してみてください。

2年生がインターンシップで気を付けるべき3つのこと

メリットを知って、2年生からインターンシップに参加したいなと思っていても、心配な事はたくさんありますよね。

2年生がインターンシップに参加するうえで気を付けるべきことを理解しておくと、安心してインターンシップに挑戦できると思います。

ここでは、2年生がインターンシップで気を付けるべきことを以下の3つの項目で解説していきます。

  • 学業と両立する
  • 目的を持って参加する
  • 自由な時間が無くなる

順に説明していきます。

学業と両立する

まず初めに、2年生がインターンシップで気を付けるべきポイントの1つ目は、学業と両立するです。

大学生は自由な時間も多く、使い方は人それぞれですが、大学の本来の目的は学業に専念する事です。もちろん、インターンシップの活動に没頭する事は良いですが、単位もしっかり取得して学業の両立を果たすことが非常に大切です。

ヤス

私の友達の中にはインターンやその他の活動だけに注力してしまったせいで単位をたくさん落としている人もいました。

インターンシップなどの経験を通して就活を有利に進めることが出来たとしても、大学を卒業できなければせっかくもらった内定も断らなければならないです。

学業に全力で取り組みながらインターンシップに参加するようにしましょう。

目的を持って参加する

次に、2年生がインターンシップで気を付けるべきポイントの2つ目は、目的を持って参加するです。

インターンを通してどんなことを学びたいのかを明確にした上で参加することが大切です。目的を持たないと社員さんに言われたことだけを行う受動的な仕事を繰り返すだけになってしまう恐れがあります。

そして、受動的な仕事を繰り返すと、やらされているという気持ちから、結果的に成長速度は遅くなります。

ヤス

私も実際に目的を持ってインターンシップに参加したことで、短期間で非常に多くのことを学べました。しまったせいで単位をたくさん落としている人もいました。

明確な目標なくても、解雇されることは少なく、お金はもらいます。

しかし、インターンの目的はお金に加えて、スキルの取得もあると思うので、スキルを取得するためにも、目的を持って事前に参加して、スキル取得に向けて努力した方がいいですよね。

目的を持ってインターンシップに参加し、能動的に仕事を行うようにしましょう。

インターンシップに目的を持って参加するメリットは?【書き方例文あり】」では、インターンシップの目的例を詳しく解説しているので、目的に悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

自由な時間が無くなる

最後に、2年生がインターンシップで気を付けるべきポイントの3つ目は、自由な時間が無くなるです。

長期のインターンシップを募集している会社は週3回以上の勤務をお願いしている場合が多くあります。そのため、大学の授業とインターンを両立していると中々友達と遊ぶ時間を作れなかったり、趣味に充てられる時間が限られてきます。

また、春休みや夏休みの期間であれば旅行や留学をする学生がいますが、一方でインターンシップに参加していると長期の休みを取ることが難しくなってきます。

ヤス

私はインターンシップの活動に注力していたので自由な時間が少なかったですが、その分やりがいを感じながら働くことが出来ました。

インターンシップに挑戦したい2年生は、自由な時間も無くなることを考慮した上でインターンシップ先を選びましょう。

2年生がインターンシップを探すおすすめな方法

インターンの注意点を知りつつ、インターンに参加したいと考えている大学2年生は多いでしょう。

インターンシップに参加したいと思っても実際どのように探せば良いか分からないですよね。

インターンシップを探すおすすめな方法を知っておくと効率良く、興味のある企業を探せます。

ここからは、2年生がインターンシップを探すおすすめな方法を2つ紹介していきます。

  • インターンサイトを活用する
  • 友達や先輩から紹介してもらう

是非、参考にして自分に合ったインターンシップを見つけてくださいね。

インターンサイトを活用する

まず、2年生がインターンシップを探すおすすめな方法の1つ目は、インターンサイトを活用するです。

インターンサイトを活用することで、効率良くインターンを募集している会社について知ることが出来ます例えば、業界、学年、地域別などの検索をかけることが出来るので、一瞬で興味のある会社を見つけることも可能です。

ヤス

私はWANTEDLY(ウォンテッドリ)を使ってインターンシップ探しました。様々な求人を見ることが出来て、働くイメージも湧きやすかったです。

インターンシップの探し方に困っている学生はインターンサイトを活用することをおすすめします。

「【徹底比較】長期インターン先を見つけるおすすめサイト9選」では、長期インターンサイトの比較をしているのでよければご覧ください!

友達や先輩から紹介してもらう

次に、2年生がインターンシップを探すおすすめな方法の2つ目は、友達や先輩から紹介してもらうです。

なぜなら、友達や先輩から前もって具体的な仕事内容や社内の雰囲気などを聞ける点や紹介ということもあり、インターンシップの選考に受かりやすくなるからです。そして、何より一緒に働く仲間に知り合いがいたら心強いですよね。

ヤス

私の友達は先輩からの紹介を通して、インターンシップで働いていました。企業側からしても、予めどういった人が来るのか予想ができるのでインターン生からの紹介は助かっているそうです。

既にインターンシップを行っている友達や先輩がいたら紹介してもらうのもおすすめです。

「インターンシップのわかりやすい探し方5選【知らないとやばい】」では、インターンシップの参加方法を詳しく解説しているので、気になる人はご覧ください。

まとめ:2年生は目的を持ってインターンシップに参加しよう!

今回は、2年生がインターンシップに参加するメリットや気を付けるべきことについて解説してきました。

結論、2年生は目的を持ってインターンシップに参加しましょう!!

目的を持ってインターンに参加することでスキルを身につけながら、自分のやりたいことや将来についてじっくりと考えることが出来ます。

2年生でインターンシップに参加したいと考えている人は、本記事を参考にしながらインターンシップにぜひ挑戦してみてください!

  • インターンシップは学業と両立しよう
  • 目的を持ってインターンシップに参加しよう
  • インターンサイトや知人の紹介で企業を探そう

✔︎インターンを始める時期の全体像、概要について知りたい人はこちら!

▶︎ 【最新】インターンはいつから始める?メリットからおすすめまでご紹介

ヤス

最後までご覧いただきありがとうございました!

YouTubeではさらに分かりやすい解説動画、Twitterでは更新情報を届けているので、チェックお願いします!

インターンカテゴリの最新記事